ディズニーによる実写版『ライオン・キング』予告編第1弾「シンバ誕生編」が公開

来年公開されるディズニー実写版『ライオン・キング』

2019年公開超大作と言われてる、ディズニーの実写版『ライオン・キング』。予告編第1弾が到着した。声の出演はムファサ役にジェームズ・アール・ジョーンズで、1994年の名作アニメの冒頭シーンを1コマ残らず忠実に再現している。

ディズニーから到着した実写版『ライオン・キング』の予告編第1弾で、赤子のシンバの姿が初お披露目された。CGI満載の本作品の速報予告編は、1994年の名作アニメーションの冒頭シーンを1コマ残らず再現し、プライドロックに集まったサバンナの動物たちが王子が初めて目にするシーンで幕を開ける。

予告編では、前作に続いてジェームズ・アール・ジョーンズがムファサ役の声を担当。息子シンバに語りかける形で、オリジナル版とほぼ同じセリフが流れる。「陽の当たるところはすべて我々の王国。だが国を支配する王の治世は、太陽と同様、昇っては沈むもの。いつしか太陽は私の時代に終わりを告げ、新たな王であるお前の上に降り注ぐだろう」。

また、いまや語り草となった1994年版のイントロも再現。レーボ・Mのズールー語の掛け声から、エルトン・ジョンとティム・ライスの「サークル・オブ・ライフ」へと続く。

すでに発表されているように、リメイク版の監督はジョン・ファヴローが務める。成人したシンバの声はドナルド・グローヴァーが、親友のナラの声はビヨンセが担当する。その他の声の出演は、悪役スカー役にキウェテル・イジョフォー、ティモンとプンバァ役にビリー・エイチュナーとセス・ローゲン、サラビ役にアルフレ・ウッダード、ザズー役にジョン・オリバー。

リメイク版『ライオン・キング』は、『ジャングル・ブック』『アリス・イン・ワンダーランド』『美女と野獣』に続く、ディズニー名作アニメの実写化プロジェクトの最新作。全米公開は2019年7月19日、その2か月前には実写版『アラジン』の公開が予定されている。




Lights, Camera, Pod
『ライオン・キング』予告編を、1994年のオリジナル版と見比べてみよう
2018年11月23日 8:21AM

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事