女性解放運動、波乱続きの私生活、アレサ・フランクリンの生涯を振り返る

米国現地時間8月16日(木)に膵臓がんにより逝去したアレサ・フランクリン (Photo by Michael Ochs Archives/Getty Images)

アレサ・フランクリンが、米国現地時間8月16日(木)午前9時50分に膵臓がんにより、デトロイトの自宅にて逝去した。ローリングストーン誌が選ぶ「歴史上最も偉大なシンガー100人」の第1位であり、女性として初めてロックの殿堂入りも果たした「クイーン・オブ・ソウル」。50年以上に渡ってポップス界を牽引し続け、パワフルな女性像と女性解放運動、そして公民権運動を象徴する存在となったアレサ・フランクリンの生涯を振り返る。

1967年に「クイーン・オブ・ソウル」の名を手にしたフランクリンは、様々な分野でその名を轟かせた。聖職者を父親に持つ彼女は、生まれ持ったポップス界随一の歌声で、甘く魅惑的なバラードから大迫力のゴスペルまで歌いこなした。「貴方だけを愛して」「シンク」に代表される初期のヒット曲から、ユーリズミックスと共演した「シスターズ・アー・ドゥーイン・イット・フォー・ゼムセルヴズ」のような後期の代表曲に至るまで、その歌声はファンを圧倒し続けた。彼女が信頼したプロデューサーのひとりであるジェリー・ウェクスラーは、ゴスペルとポップを融合させた普遍のクラシック「スピリット・イン・ザ・ダーク」についてこう語っている。「彼女は聖なるものと世俗的なものを、R&Bという手法で融合させてみせた。彼女はまるで、煙たいナイトクラブのフロアで指揮を執る聖職者のようだった。あらゆる人々を巻き込む、普遍的な魅力の持ち主だ」

ポップやジャズ、R&B、ゴスペル、そしてディスコまで、あらゆるタイプの楽曲を歌いこなすフランクリンのヴォーカルはまさに変幻自在だった。「アレサ」の愛称で親しまれた彼女は、他に類を見ない奥深さを備えたポップスターだった。ウェクスラーは自伝で、彼女を「謎と悲しみに満ちた女性」と形容している。堂々たる歌声や圧倒的な存在感とは対照的に、フランクリンには脆い一面もあった。結婚生活の破綻、アルコール依存、体調不良、キャリアの迷走といったトラブルは、皮肉にも人々が彼女を身近に感じる要因となっていた。「救い、痛み、憧憬、降伏…彼女の歌声にはすべてが宿っている」2003年の本誌インタビューで、ボニー・レイットはそう語っている。

父親がいる教会で歌い始め、キャリア開始直後に類稀なポップセンスを発揮し、後に公民権運動の顔となった彼女は、1960年代にはアフリカン・アメリカンの象徴というべき存在となった。ウェクスラーが「躓くようなシンコペーション」と呼んだ彼女のアイディアに基づき、オーティス・レディングによる原曲をファンキーに生まれ変わらせた「リスペクト」は、1967年のポップスにおけるナンバーワンヒットとなったが、その影響力は音楽の世界にとどまらなかった。「肌の色や容姿を理由に不当な扱いを受けていると感じていたアフリカン・アメリカンの人々、そして世の女性たちにとって、あの曲が等身大以上の意味を持つようになるなど、彼女は考えもしなかったに違いありません」バラク・オバマは2014年にそう語った。「彼らは敬意を求めていたのです」。16歳の時にマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの巡回演説に同行した彼女は、彼の葬式の場でも歌声を披露している。

1942年3月25日、メンフィスに生まれたフランクリンは、幼少時代よりゴスペル・シンガーとして成功すべく育てられた。彼女の父親は、“ミリオンダラー・ヴォイスの持ち主”として有名な人気のあった牧師クラレンス・ラヴォーン・フランクリンだった。彼女は14歳の時に初めて、ゴスペルのアルバムをレコーディングしている。母親のバーバラ・シガーズ・フランクリンもまた、ゴスペル・シンガーだった。アレサが2歳の時に親子はデトロイトへ引っ越し、父親はニュー・ベセル・バプテスト教会で人気の説教者となった。この地でアレサは、教会の儀式や音楽にどっぷりと浸かることとなる。父親が有名人だったため、家にはエラ・フィッツジェラルドやデューク・エリントンらも訪れたという。



5人兄弟姉妹のひとりとして育てられたフランクリンだが、家族全員が一緒に暮らした期間は短かった。彼女が6歳の時に両親は離婚し、母親はバッファローへと移った。神童と呼ばれたフランクリンはその後、父親の礼拝の場で歌ったりピアノを弾き始め、14歳の時に初めてゴスペルのアルバムをレコーディングした。フランクリンは、音楽のメインストリームに差し掛かっていたサム・クックを崇め、目標とした。1960年、彼女はコロムビア・レコードと契約し、スタンダード、ジャズ、ブルーズなどいくつかの曲をレコーディングしたが、大人しくあまり面白味のないものだった。「コロムビアが世界的なレーベルだということはわかっていた。だけどそれは、コロムビアのプロモーション活動がモータウンよりもマシだったからそう感じたんだと思うの」と彼女は後に語っている。それから約6年の間に、彼女は『Won’t Be Long』などR&Bのトップ10シングルを何枚かリリースした。しかし、徐々に盛り上がりを見せていたポップ音楽の中で抜きん出ることはなかった。

Translated by Masaaki Yoshida , Akiko Kato, Smokva Tokyo

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事