原田珠々華が語る、不安の中でも“光”を見失わず歌い続ける理由

原田珠々華

シンガーソングライターの原田珠々華が2ndミニアルバム『光の行方』を12月22日(水)に発売する。アイドルグループ・アイドルネッサンスの活動を経て2018年にソロデビューした彼女にとって2年8か月ぶりの作品となる今作は、アレンジャーに作編曲家の守尾崇、さよならポニーテールを迎え、「わたしに着替えて」では音楽プロデューサーのヤマモトショウとの共作にも挑戦しており、前作の躍動感溢れるバンドサウンドとは打って変わって煌びやかなポップスとバラードが印象的なミニアルバムとなっている。変化の激しい10代後半、さらにコロナ禍ということもあり、アーティストとしての自分自身を見つめ直したという今作について話を訊いた。

―『光の行方』は、前作の1stミニアルバム『はじめての青』から2年8か月ぶりの作品となります。リリースを控えて率直にいまどんな想いを持っていますか。

作品のリリースを一番待ってくださっていたのはファンの方々だと思っていますし、音源化している曲が少ないので、「早く音源化してほしい」という声をたくさん聴いていたので、自分が約3年間やってきたことが、1つにまとまった形で世に出せるのはすごく嬉しいです。

関連記事:18歳のオリヴィア・ロドリゴがZ世代の新たなアイコンである理由

―力強いバンドサウンドだった前作とは印象が違いますし、楽曲から原田さんご自身の変化も感じ取れます。

そうですね。この年齢ということもあって、けっこう移り変わりが激しくて。もう1年前に作った曲は今の自分には作れない、みたいな曲が多いです。それと、その時々で聴く曲も変わっていて、それに影響を受けているのかなって思います。ヤマモトショウさんと共作した「わたしに着替えて」はアイドルっぽいポップな感じになっているんですけど、それは、実際最近アイドルの曲をよく聴いているというのもあるんです。

―以前から聴いているアーティスト、最近聴いているアーティストをそれぞれ教えてもらえますか。

一番最初は、憧れもあって星野源さんから始まっています。その後、バンドを聴くようになったりして、Cody・Lee(李)とか、メジャー、インディー問わず聴いています。アイドルだと最近は≠ME(ノットイコールミー)を聴いたり、幅広く聴いている感じですね。

―そこで刺激を受けたものが曲作りに反映している?

曲作りもそうですし、自分の外見とかもそれで変わって行ってる気がします(笑)。結構影響を受けがちなんですよね。

―じゃあ、ファンの方はこの約3年間で相当な変化を感じているでしょうね。

きっと、変化したなと感じていると思いますし、私の知らないところでいろいろ受け取ってくれていると思います。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE