1999年生まれの安斉かれんが語るJ-POPとロックンロール

安斉かれん(Photo by Kentaro Kambe)

エイベックスの次世代を担うシンガー、安斉かれん。お茶の間では今年放映されたドラマ『M 愛すべき人がいて』の主演女優(アユ役)として、またはバラエティ番組で見かけた人も多いだろう。しかし彼女の本業はアーティストである。

7月にリリースされたシングル「僕らは強くなれる。」は、J-POP的な爽快感が表現される一方、奥行きのあるアンサンブルが重厚感を醸し出している。その鍵となっているのがブラスアレンジ。安斉本人もソプラノサックス奏者として参加し、共演の京都橘高校吹奏楽部(全日本マーチングコンテスト金賞受賞)とコラボレーションを果たしている。自身も吹奏楽部で部活に打ち込んできた安斉。作詞した歌詞の一節“破いたページの分だけ、僕らは強くなれる”にも当時の想いが綴られている。



1999年生まれの彼女は世間の狂騒とは距離を置き、自由に音楽を楽しんでいる。そして自分に求められていることと、自分がやりたいことの線引きもしっかりできている。今回のインタビューを通して、そんな彼女の等身大の声がもっと多くの人に広まればいいと思う。

ー「僕らは強くなれる。」の間奏のソプラノサックスって安斉さんが自分で演奏されたものなんですよね。歌録りとは違う体験だったと思うんですが、どうでしたか?

安斉:学生時代、吹奏楽部ではアルトサックスをメインに担当していたので、ソプラノサックスを触るのは中3以来だったんです。だから何日間もかけてすごく練習しました。ずっと部活で取り組んでいたものをレコーディングするっていうのは新しい感覚で、歌より緊張したと思います(笑)。

ーアハハ。

安斉:歌と似たところももちろんありますけど……やっぱり違いますよね。今回吹かせてもらったのは曲のメロディラインではなく間奏部分だったので。逆に楽器でもメロディを弾けばヴォーカルと似たところも出てくるんですけど、今回は京都橘高校吹奏楽部の皆さんが奏でるブラスパートといかに合わせてキレイに聴かせるか、そして間奏としてちゃんと成り立つかを考えました。

ーサックスを始めたきっかけは、お父さんに連れて行ってもらったローリング・ストーンズのコンサートなんですよね。そこでサックスの音色に惹かれて。ギターでもベースでもドラムでもなく、サックスだったんですね。

安斉:そうですね。楽器選びって性格が出るって聞いたことあるんですよ。相性もありますし……私にはサックスしかない!って感じでした(笑)。



タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE