煮ル果実が語る、新作ミニアルバムに込めた矛盾や葛藤への肯定

煮ル果実

ボーカロイド楽曲の作詞・作曲・編曲を手掛けるクリエーター、煮ル果実が2021年9月29日(水)にミニ・アルバム『POPGATO』を発売する。“消費”をテーマに掲げた今作は、ジャンルを横断するサウンドプロダクションと歌詞の示唆的なメッセージにより、聴く者の心と身体を同時に揺さぶってくる作品だ。

数々のアーティストへの楽曲提供も行っている彼が、コンセプトアルバムを作ることで社会との接点を見出そうとしたのは何故なのか?ボカロ曲とカテゴライズするにはあまりに人間的で血の通った今作についてリモートインタビューをおこなった。



Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE