頭脳警察50年の足跡を辿る映画『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』公開

2020年で結成50周年を迎えた頭脳警察のドキュメンタリー映画が公開

日本のロックバンド頭脳警察のドキュメンタリー映画『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』が、2020年7月18日より新宿K’s cinemaにて公開される。

今年2020年で結成50周年を迎えたロックバンド頭脳警察。50周年を目処に、新たにギター・澤竜次(黒猫チェルシー)、ベース・宮田岳(黒猫チェルシー)、ドラム・樋口素之助、キーボード・おおくぼけい(アーバンギャルド)といった若きミュージシャンを加え、”頭脳警察50周年バンド”を始動している。

今回公開される彼らのドキュメンタリー映画『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』では、変わらぬ熱量を保ち続ける‟頭脳警察”の現在と過去を追うことで、日本におけるカウンターカルチャーと、サブカルチャーの歴史を浮き彫りにしていく。現在、新型コロナウイルス禍に揺れる日本のカルチャーシーンの中、PANTAとTOSHI、そして新たな強力メンバーを得た頭脳警察の姿を垣間見ることができる。



・PANTA(頭脳警察)コメント
1969年、19歳だった自分とTOSHIで結成した頭脳警察。発売禁止、放送禁止に見舞われながら、よくぞ抹殺されずにここまで50年続いたと思う。確かに修羅場はいろいろくぐってきた。でも我々に今見える景色は、君たちと一緒に見ている未来…絶景かな。

・TOSHI(頭脳警察)コメント
あぶり出されて 時には熱湯、時には冷水、時にはぬるま湯。あるがままの50年……。荒ぶるままの50年



<公開情報>



『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』

公開日:2020年7月18日(土)
新宿K’s cinemaにて公開

[クレジット]
出演:頭脳警察(PANTA、TOSHI、澤竜次、宮田岳、樋口素之助、おおくぼけい)
加藤登紀子(歌手)、植田芳暁(ミュージシャン)、岡田志郎(ミュージシャン)、山本直樹(漫画家)、仲野茂(ミュージシャン)、大槻ケンヂ(ミュージシャン)、佐渡山豊(ミュージシャン)、宮藤官九郎(脚本家)、ROLLY(ミュージシャン)、切通理作(評論家)、白井良明(ミュージシャン)、浦沢直樹(漫画家)、木村三浩(活動家)、うじきつよし(ミュージシャン)、桃山邑(演出家)、春風亭昇太(落語家)、鈴木邦男(活動家)、足立正生(映画監督)、石垣秀基(ミュージシャン)、アップアップガールズ(仮)(アイドル)、鈴木慶一(ミュージシャン)、髙嶋政宏(俳優)ほか<登場順>

監督・編集:末永賢
企画プロデュース:片嶋一貴  プロデューサー:宮城広
撮影:末永賢、宮城広  整音:臼井勝  スチール:シギー吉田、寺坂ジョニー
企画協力:田原章雄(PANTA頭脳警察オフィシャルFC) 
     徳田稔(TEICHIKU ENTERTAINMENT)
企画・製作プロダクション:ドッグシュガー
製作:ドッグシュガー、太秦  配給:太秦
[2020年/DCP/モノクロ・カラー/スタンダード・ビスタ/5.1ch/100分]
©2020 ZK PROJECT

公式サイト:http://www.dogsugar.co.jp/zk.html



Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE