全米2位のケラーニ、多様なバックグラウンドから生まれる「自分を救済する」R&B

ケラーニ(Courtesy of Warner Music Japan)

全身タトゥーだらけの女の子が、パンセクシャル(全性愛者)と宣言して女性と付き合っていたかと思えば、その次には男性と交際して出産。

髪の色やファッション、雰囲気も常にコロコロ変化。共演してきたアーティストにはジャスティン・ビーバーからチャーリー・プースにG・イージー、エミネム、チャンス・ザ・ラッパー、ゼッドにカルヴィン・ハリス、ヘイリー・キヨコまで縦横無尽にジャンルを超越する。その掴みどころの無さはホールジー級? とも言えるケラーニが2ndアルバム『It Was Good Until It Wasn’t』を全米アルバムチャートの2位に送り込み、存在感を見せつけている。



カリフォルニア州オークランド出身の25歳は、10代にポップロックバンドのシンガーとして頭角を現し、まずまずの成功を収めた後、ソロへと転向。発表した数々のミックステープが注目を浴び、グラミー賞にもノミネート。2016年の1stアルバム『SweetSexySavage』で全米3位を獲得して、ゴールドディスクにも認定された。



その前作ではややポップ寄りな志向も窺えたが、3年ぶりの新作ではグッと成熟味を増したR&Bサウンドへと遷移。「いろんな意味で大人になったから」と彼女は説明する。
「そうね、メロウなったわ。私の生活がそういう感じだったし、あえてそうありたいと努めていたの。子どもが出来て、より女性らしくなったこともあるわ。レコーディング中は、ずっと娘がスタジオにいてくれたし、最高のパートナーだった。このアルバムが大人っぽく聴こえるとすれば、それはきっと娘のおかげよ」

コンテンポラリーR&B、ネオソウルなどとジャンル分けされることが多いケラーニだが、彼女自身は「これはストレートなR&Bアルバムよ」と語る。ブランディの大ファンを公言する彼女だけに素直なメロディが特徴だが、現代っ子らしくエクスプリシット(過激)で刺激的なフレーズがポンポン飛び出す。ムーディでアトモスフェリックなサウンドは、巷で人気のヒップホップ系との親和性も抜群だ。ジェネイ・アイコやサマー・ウォーカー、SZA(シザ)、H.E.R.といった新世代のR&Bシンガーらと共にヒット・チャートの上位を闊歩する。

同ジャンルの先輩でもあるジェネイ・アイコとは頻繁に比較が為され、ジェネイの背中を追うライバルと見なされてきた。が、最近になって両者は急速に親しくなっていたそうで、本作の完成間近になって、ジェネイの方から申し出があり、両者によるコラボ「Change Your Life」(feat.ジェネイ・アイコ)が誕生。「彼女の方からアプローチしてくれたの。このアルバムで一緒にコラボできる曲がないかしら?って。そこでこの曲なら私達がコラボするのにピッタリだと思ったの。彼女は完璧よね。バッチリ決めてくれた」



タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE