フロイドさん殺害事件、ジェイ・Zがミネソタ州知事と意見交換

ラッパーのジェイ・Z(Photo by Greg Allen/Invision/AP/Shutterstock)

米ミネソタ州知事のティム・ワルツは現地時間5月31日、ラッパーのジェイ・Zから電話を受け、ジョージ・フロイド氏が白人警官に殺害された事件について語られたと、CBSニュースのローカル版「CBS Minnesota」で触れた。

ジョージ・フロイド氏が白人警官に殺害された事件に伴い、ミネアポリス、セントポールのツインシティからアメリカ全土に波及した暴動の中、ミネソタ州知事のティム・ワルツは日曜、「昨夜、ジェイ・Zから電話を受けた。国際的なパフォーマーとしてではなく、一人の父親として、ここで正義が執行されるべきだと強調してくれた。一人の人間であり、父であり、黒人である被害者の耐えがたい痛みを知るものとして、彼の言葉は、今こそ正義が執行されるべきだということだった」と語った。FOX 9で、ワルツ知事は、CNNのコメンテーターと活動家のヴァン・ジョーンズが自分とジェイ・Zを繋げたのだと伝えた。

「ジェイ・Zは、今回の事件に対して訴えを起こしている人々に同情と慈悲を感じていると言っていた。彼は、ミネソタ州がこの騒動にどう対応するかは、アメリカ全土に影響があり、世界中がそれに注目しているということを知っている。ジェイ・Zのように存在感がある才能に恵まれた人が、今現在のミネソタ住民と同様に、騒動に注目しているということを示すポジティブなサインだ」と、ワルツ知事は述べた。

また、5月31日、ワルツ知事は、ジョージ・フロイド氏に関する全ての司法手続きが、ヘネピン郡の弁護士マイク・フリーマンから、ミネソタ州司法長官のキース・エリソンへ引き継がれると報告した。フリーマン弁護士は、「事件に関する新たな事実が見つかり、司法長官の助けになり、ノウハウが役立つだろう」と語った。

Translated by Kohei Ebina

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE