米ディズニーCEOボブ・アイガー氏が退任「今こそ最高のタイミング」

退任を発表した米ディズニーCEOボブ・アイガー氏(Allen J. Schaben/Los Angeles Times/Getty Images)

15年近くにわたるディズニーの黄金時代を支えたボブ・アイガー氏が同社のCEOを退任した。後任のボブ・チャペック氏は、同社のディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツ部門の会長を務めた人物である。

米現地時間2月25日、米ウォルト・ディズニーはボブ・アイガー最高責任者(CEO)の退任を発表した。
アイガー氏の後任を務めるのは、同社のディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツ部門を率いたボブ・チャペック氏。アイガー氏は、取締役会長として2021年末まで同社にとどまる。

アイガー氏は、2005年に同社の元CEOのマイケル・アイズナー氏の後を継ぎ、ディズニー史上もっとも高い収益を上げた黄金時代の指揮を執った人物である。アイガーCEOの在任期間中、同社はピクサー、マーベル・エンターテイメント、ルーカス・フィルムといったメディア企業を買収した。そのなかでも、2019年春の21世紀フォックスの買収は記憶に新しい。同社が2009年にマーベル・エンターテイメントを買収して以来、映画スタジオのマーベル・スタジオが手がけた9作品は、全米で合計10億ドル以上もの興行収入を集めた。なかでも、『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、興行収入は世界歴代1位という記録を保持している。

さらに、ディズニーが手がけた『スター・ウォーズ』シリーズ5作中4作は、10億ドル以上の興行収入を記録。メディア王ルパート・マードック氏から21世紀フォックスを手に入れるための713億ドルという大型買収の結果、ディズニーは映画『タイタニック』やアニメ『ザ・シンプソン』などのコンテンツはもちろん、21世紀フォックスの映画スタジオとテレビネットワークも手中に収めた。また、21世紀フォックスが持っている動画配信サービスHuluの所有権においても過半数を獲得している。

Translated by Shoko Natori

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE