Interscope RecordsのCEO、ジョン・ジャニックが語る仕事の極意

Interscope RecordsでCEOを務めるジョン・ジャニック(Photo by RICH POLK)

音楽ビジネスに携わる人たちを紹介する新インタビューシリーズ「At Work」。初回ゲストのジョン・ジャニックが、アーティストたちとの信頼関係の構築、どんな仕事も辞さない心構え、心の支えになっている金の助言等について語ってくれた。

激動の10年間をくぐり抜けた今、音楽産業は数多くの困難に直面しながらも、かつてなくエキサイティングな時代を迎えている。2020年における音楽業界のキャリアとはどういうものなのだろうか? エグゼクティブたちは業界における伝統的価値観を守りつつ、いかにして時代の変化がもたらした新たな責任や、無限に溢れ出てくる新たな音楽、そして今後訪れるさらなる変化に対処するのだろうか? ローリングストーンが新たにローンチするインタビューシリーズ「At Work」では毎週、様々な業界の第一線で活躍する人々の観点から、大きく変わりつつある世界の流れについて考察する。

初回ゲストとなるジョン・ジャニックは、学生時代にインディレーベルFueled by Ramenを共同設立し、Warner傘下のElektra Recordsを率い、パニック!アット・ザ・ディスコやエド・シーラン、ブルーノ・マーズ等をトップスターに育て上げた音楽業界の実力者だ。彼は2012年にUniversal Music Group内のInterscope Geffen A&Mの社長兼チーフ・オペレーション・オフィサーに就任し、2014年にはジミー・アイオヴィンに代わってCEO兼チェアマンの座に就いた。同社は長期にわたって無数のヒットを生み出し続けているInterscope Recordsも抱えている。ジャニックはセレーナ・ゴメスやロビン・シックの曲をヒットさせたほか、昨年だけでもジュース・ワールドやダベイビー、サマー・ウォーカー、そしてビリー・アイリッシュ等、才能ある新星たちの作品を世に送り出してきた。Interscopeで彼は約200名の従業員を束ねるほか、頻繁にチャートに登場する数々のアーティストたちの監督役を務めている。

ーまずは1日の始め方について質問させてください。あなたは何時に起床し、まず何をされますか?

朝は6時から6時半の間に起きて、最初にすることといえば、良くも悪くも携帯でのメールチェックですね。その後は子供たちと時間を過ごしつつ、彼らが学校に行く準備をします。朝は仕事のメールに目を通してアップデートを確認しつつ、子供たちと1時間ほど一緒に過ごすようにしているんです。あとは本格的に仕事を始める前に、20〜30分のワークアウトをこなしています。まぁメールと電話を交わしている間に、既に仕事モードに入っているんですけどね。子供たちを学校に送り届けたら、そのまま職場に向かいます。

ー職場での習慣になっていることなどはありますか?

職場は建物の5階にあるのですが、エレベーターではなく階段を使うようにしています。いい運動になりますからね。私は四六時中電話に出ていて、いつも何かしらのミーティングに向かっています。それがルーティンと言えなくもないのですが、一方で私は同じことの繰り返しにはすぐに飽きてしまう性格なんです。状況が刻々と変化する業界なので、私はいつもあちこち駆け回っています。子供たちを学校で降ろした1分後には電話をかけていて、それはオペレーションに関することだったり、マーケティングについてだったり、アーティストに関することだったりします。毎週金曜日には注視すべき事態や動向、そして今後の方針について話し合う2時間のミーティングに出席していますが、ルーティンが固定している日というのはないですね。

Translated by Masaaki Yoshida

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE