山嵐・武史 ミクスチャーロックの重鎮、結成23年目の挑戦

武史(Photo by Mitsuru Nishimura)

これまでタバコを辞めようと思ったことはあるのか。その問いに彼はこう答えてくれた。「タバコに失礼ですね」と満面の笑みを浮かべるのは山嵐の武史だ。

同業のミュージシャンからも一目置かれる重低音を鳴らし、今年で結成23年目を迎えるミクスチャーロック・バンドを支える轟音ベーシスト。ライブでは軽快にステップを踏んでベースをつま弾く姿は、同性の男目線で見ても惚れ惚れするほどカッコイイ。では、どんな時にもっともタバコを吸うのか。

「ライブ前ですかね。緊張しているのかな?(笑)。山嵐のメンバーはほぼ全員吸いますから。楽屋、機材車の中とかやばいっす、煙くて。最近観た映画『ジョーカー』もそうだったんですけど、めっちゃ吸ってるじゃないですか。ああいうシーンを観ると、吸いたくなるんですよね。俺は映画も好きでよく観るんですけど、カッコイイ吸い方とかしていると、参考になりますね」

1980〜90年代の映画や音楽を多感な時期に浴びた武史にとっては「音楽とタバコってライフスタイルじゃないですか」という結論に自然と辿り着く。山嵐の方に話を移すと、現在はツアー真っただ中にいる。今年はバンド活動の中でも大きな転機となった。15年にKAI_SHiNE(Machine)加入し、7人体制で初になる11thアルバム『RED ROCK』を2016年に発表。それを経て、今年7月にリレコーディング・ベスト『極上音楽集』を完成。そのベスト盤を通して過去曲をあらためて見返すことにより、当時のグルーヴを再び体内に取り入れ、山嵐本来の爆発力を獲得することに成功。具体例を出せば、99年に出た2ndアルバム表題曲「未体験ゾーン」(99年発表)はここ数年ライブでやることはなかった。昔と今ではノリが違う、とメンバー自身は考えていた。しかし、そこから逃げずに真剣に向き合うことで、初期の勢いを凌駕するパンチ力を再録曲に封じ込めることができた。そのベスト盤のレコ発ツアーも既に大きな手応えを感じているようだ。



「いや、最高っすね! 自分たちもリスタートだと思ってるし、ライブのお客さんのノリ方や雰囲気も昔に近いなって。で、自分たちのグルーヴも最初の頃に戻ってるんで、いいキャッチボールがやれてるなと。こういうことをずっとやりたかったんでしょうね。俺らも楽しんでいるけど、お客さんも楽しませられてるし、千葉LOOKもそうだったと思うんですよ」

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE