メーガン・トレイナー、豪華ゲストが参加した3作目『トリート・マイセルフ』を発表

約2年9か月ぶりのフルアルバムをリリースするメーガン・トレイナー(Photo by Matt Winkelmeyer/Getty Images)

デビュー・シングル「オール・アバウト・ザット・ベース~わたしのぽちゃティブ宣言!」で全米8週連続1位を記録し、第58回グラミー賞の最優秀新人賞にも選ばれたメーガン・トレイナーが、約2年9か月ぶりとなるニューアルバム『トリート・マイセルフ』を2020年1月31日にリリースする。

11月6日にアメリカの人気トーク番組『エレンの部屋』に出演し、配信中のシングル「ウェーブ feat. マイク・サバス」をテレビで初披露したメーガン。今作のリリースは番組内でサプライズ発表され、「『エレンの部屋』で私のニューアルバム『トリート・マイセルフ』の発売日を発表できてすごく嬉しかったわ!今まで以上に力を注いだし、こんなに自分の音楽を誇らしく思ったことはないぐらい、早くみんなに聞いてほしいわ!もうすぐ皆にも明かされるけど、びっくりするような人たちに参加してもらっているの…1月31日よ!」とコメントしている。



アルバムの全貌はこれから徐々に明らかになっていくようだが、今回の発表と合わせて収録予定の新曲「ワーキン・オン・イット feat. レノン・ステラ&サッシャ・スローン」もリリースされたばかりだ。





<リリース情報>

メーガン・トレイナー『トリート・マイセルフ』ジャケット写真.jpg

メーガン・トレイナー
『トリート・マイセルフ』
発売日:2020年1月31日(金)

収録曲:
「ウェーブ feat. マイク・サバス」
「ワーキン・オン・イット feat. レノン・ステラ&サッシャ・スローン」
「ノー・エクスキューゼズ」
他、全15曲収録

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE