エイバ・マックス、「フリーキング・ミー・アウト」のダークなMVを公開

エイバ・マックス(Courtesy of Warner Music Japan)

ストリーミング総数6億5,000万回超えの「スウィート・バット・サイコ」で世界的スターに躍り出たエイバ・マックスが、7月にリリースした楽曲「フリーキング・ミー・アウト」のミュージックビデオを公開した。

同楽曲はこの夏にリリースされて以来、タイム誌、ビルボード、MTVニュースなど複数の著名メディアで賞賛されており、米ローリングストーンは同曲について「中毒性のあるキャッチーなポップ・ソング」と讃えている。また、エンターテインメント・ウィークリーの人気企画である「イン・ザ・ベースメント」では、シンプルなアコースティック・バージョンを披露。また、ダークなMVはR.ラマーなどを手がけるエドガー・ダニエルが監督を務めている。



エイバが8月にリリースした新曲「トーン」は世界中でヒットしており、ヨーロッパではエアプレイでトップ10入り。エイバ自身がスーパー・ヒーローとして出演している同曲のMV再生回数は3000万回を突破し、「トーン」のMVの世界観が楽しめるゲームも先日発表されたばかりだ。

また、ニューヨークのファッション誌であるGalore Magazineの表紙を飾り、「ポップ・ミュージックの救世主」として特集が組まれるなど活躍の幅を広げる彼女は、現地時間11月3日にスペインで開催されたヨーロッパ最大の音楽授賞式「2019 MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード(EMA)」にてビリー・アイリッシュやリル・ナズ・Xやリゾと共に最優秀新人賞にノミネート。最優秀"MTV PUSH"賞を見事受賞した。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE