現代R&Bシーンの旗手、ミゲルが初来日で見せた「甘美な夢」

ミゲル、EX THEATER ROPPONGIにて(Photo by Naoki Yamashita)

10月3日(木)、EX THEATER ROPPONGIにてミゲルの来日公演が行われた。2013年のグラミー賞ベストR&Bソング受賞をはじめとして数々の音楽賞に輝く、現代R&Bシーンの旗手が日本でライブを行うのは今回が初めてとなった。

本国ではフランク・オーシャンやザ・ウィークエンドとも肩を並べる、ジャンルの枠組を拡張する最重要R&Bシンガーであるにも関わらず、最新アルバム『War & Leisure』のリリースから2年もの年月が経過した時期の悪さもあってか、客入りはやや寂しい。だが、そこに集まったオーディエンスの熱気は数の少なさを補って余りあるものだった。

まずステージに登場したのは、演奏隊のドラマーとギタリストの2人。オープニングとして始まった凄まじい手数のドラミングと速弾きギターはまるでハードロックのライブさながらで、初手からR&Bの固定観念を破壊するかのようだ。黄色い歓声を浴びてステージに現れたミゲルが歌い出したのは、『War & Leisure』のオープニングトラック「Criminal」。ミゲルの歌声に合わせて、前方の観客からはシングアロングの声が聞こえてくる。

ミゲルにとって初めての本格的なアジアツアーということもあってセットリストはミゲルのグレイテスト・ヒッツとも言えそうな選曲。デビューアルバム『I Want You』、彼の出世作である2nd『Kaleidoscope Dream』、全米2位を記録した3rd『Wildheart』、そして最新の4th『War & Leisure』から満遍なく楽曲が披露されていく。序盤のハイライトとなったのは、『Kaleidoscope Dream』収録の「How Many Drinks?」。それまでのロック的なアンサンブルから一転して、オーセンティックな演奏とシルキーなメロディが会場全体を包み、後方の観客までを巻き込んでの大合唱となった。


Photo by Naoki Yamashita

その後、ミゲルは東京でライブする喜びを話して、「日本に来るのは2回目なんだ。初めての時はただ遊びに来たんだけど、着いた瞬間に俺みたいな奴らがたくさんいるって感じた。でも、一個だけ確かめさせてくれ。Do You Like Drugs?」と次の曲「Do You…」へ。この曲も『Kaleidoscope Dream』収録のシングルで、雄大なドラムブレイクとギターカッティングに乗せて壮大なコーラスが展開された。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE