丸屋九兵衛が教える、世界史ドラマとしての『ゲーム・オブ・スローンズ』の見方

『ゲーム・オブ・スローンズ』(提供:BS10スターチャンネル © 2019 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBOR and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.)



ウェスタロスの歴史は、エッソス大陸からの侵略&植民の繰り返し

例えば、デナーリスの一族ターガリエン家はヴァリリア文明の末裔。ヴァリリアはエッソス大陸・南海岸の古代帝国だから、つまりローマ帝国だ。そのヴァリリアの子孫がウェスタロスの覇者となったことは「アーサー王はローマ人の血を引く」という説を思い起こさせる。だが「兄弟姉妹間の結婚を奨励」という習慣は、むしろ古代エジプト王朝に通じる。なお、エッソスの南海岸にはヴァリリア以前にギスカリ(Ghiscari)文明もあった。アスタポー等で奴隷たちを酷使していたマスターたちはその末裔。この文明は、ローマの先輩であるギリシアにあたるのだろう。守護神がギリシア神話の怪物ハーピー(女性の上半身+鳥の羽と下半身)だし。

ウェスタロスの歴史は、エッソス大陸からの侵略&植民の繰り返しだ。ブリテン島と同じように。だから、かつては全土に住んでいたが後続のアンダル人に追われ、今は「北」の住民となったノースメンはケルト系(スコットランド人)と思える。だが、非人類である先住民「森の子ら」から見れば、そのノースメンも侵略者。人類に負けた先住の非人類が、やがて妖精化……これはブリテン島ではなくアイルランド神話~民話のパターンだ。

ウェスタロス内の少数派文化としては、バイキングっぽい鉄諸島の皆さんも気になるが、大陸南端部のドーンの異文化ぶりはさらに目を引く。特に、両性愛を堪能するオベリンの豪快さよ! ドーンのモデルはたぶん、君主なら美青年愛人を持つことが常識だった中世イスラム世界なのだ。ドーンの宮殿はスペインのイスラム式建築で撮られたものだし。

去勢済み男性公務員(?)である宦官等、語りたい要素はまだまだあるが、字数が尽きた。いつかどこかで。



Edited by The Sign Magazine

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE