フジロック現地レポ ステラ・ドネリー、次世代スターの誕生を思わせる愛くるしさ

ステラ・ドネリーは28日(日)、フジロック3日目のRED MARQUEEに出演した。(Photo by Kazushi Toyota)



軽快でキャッチーなギター・ポップ「Season’s Greetings」や、昨年このRED MARQUEEのステージに立ったマック・デマルコの脱力サイケデリアを連想させる「Bistro」を経て、「すごくアップリフティングな曲だから、一緒に踊ろう!」と告げて始まった「Die」では、キーボードのジャックと共にエビカニクスも顔負けのダンスを披露。「死にたくない!」と連呼しながらステージを右に左にムーブする彼女は「キャハハッ!」と吹き出してしまっていたが、芯の強いSSWというだけでなく、れっきとしたエンターテイナーでもあるんだなあと感心してしまった。


Photo by Kazushi Toyota

ツアーに出かける前に感じるホームシックを歌った「Lunch」を女性メンバーと共に威勢よく合唱すると、いよいよステラの名を知らしめた名曲「Boys Will Be Boys」をソロで演奏。親友からレイプ被害を告白された体験を元に書かれたこの楽曲は、図らずも#MeToo時代を象徴するアンセムとなったが、寄り添うようなギターの音色と《男の子なんだからしょうがない》という諦念にも似たコーラスの悲痛な叫びに、会場中が水を打ったように静まり返っていたのが印象的だった。おそらく、ステラの書く歌詞やその背景を知らなかったオーディエンスにとっても、心に響く何かがあったのだろう。

「靴下のままでゴメンね。ブーツが重すぎたから……(笑)」と照れ笑いを浮かべると、ラストは再びバンドと共に「Tricks」へ。ジョージが弾くペイヴメントばりに調子っぱずれなスライド・ギター(合間にしれっとディープ・パープル「Smoke on the Water」のリフを挟んでいたので思わずニヤリ)と、「もう少し女の子らしく振る舞ったほうがいいぞ」と諭す外野に対して《Leave It Alone(ほっといてよ!)》と繰り返すステラの人懐っこいボーカルが魅力のナンバーだが、例のミュージック・ビデオからそのまま飛び出してきたようなキュートさ&コメディエンヌっぷりには、次世代のスター誕生の現場に立ち会ったような興奮を覚えた。初日のキング・ギザード&ザ・リザード・ウィザードといい、前日のコートニー・バーネットやシーアといい、そしてステラの出番後にGREEN STAGEへ出演したハイエイタス・カイヨーテといい、音楽シーンにおける「オーストラリア無双状態」はとんでもないことになっている。



null
Photo by Kazushi Toyota

ちなみに、筆者は翌日に渋谷の神南坂 JOURNAL STANDARD(ステラのジャケを模したコラボTシャツ、苗場でも本当に良く見かけました)で開催されたインストアライブにも足を運んだ。そこでは「Thrush Metal」のジャケ写を撮影した張本人でもあるジョージとの愉快なエピソードも交えながら、フジロックでは演奏されなかった「Mechanical Bull」を含む全8曲を披露。バックに自身のMVが流れる中で歌うのは初めての経験だったそうだが、音数を絞れば絞るほど、彼女のケイト・ブッシュにも似た「狂気」のようなものを感じる瞬間があり、まだまだポテンシャルを隠し持っていることは間違いない。12月には早くも東京・大阪で単独公演が決定しているが、きっとまた、我々に新たな表情と最高の笑顔を見せてくれるのだろう。

※関連記事:フジロック現地取材 ステラ・ドネリーが語る「自分らしさ」の話



<来日公演情報>

StellaDonnelly_Flyer.jpg

Stella Donnelly JAPAN TOUR 2019

12月11日(水)渋谷クラブクアトロ
OPEN 19:00/START 20:00
TICKET:¥6,000(前売・1ドリンク代別)

12月12日(木)梅⽥SHANGRI-LA
OPEN 19:00/START 20:00
TICKET:¥6,000(前売・1ドリンク代別)

公演詳細:https://smash-jpn.com/live/?id=3209

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE