青いウィル・スミスで話題の『アラジン』最新予告編が到着

ガイ・リッチー監督による実写版『アラジン』アニメ版の名シーンと名曲が実写版でよみがえる

ウィル・スミスが演じるジーニーが話題の『アラジン』の最新予告編が到着。原作アニメ版の数々の名シーンと名曲が登場するロングバージョン。

米ウォルト・ディズニーが5月24日(日本では6月7日)に全米で公開される実写版『アラジン』の拡大予告編を新たに公開した。最新の予告編では、アラジンがアグラバの路地で宮殿の護衛たちに追いかけられるシーンをはじめ、ガイ・リッチー監督による原作アニメ版の数々の名シーンと名曲が登場する。予告編の後半ではジーニー役のウィル・スミスが「フレンド・ライク・ミー」を熱唱し、アラジンとジャスミンが「ホール・ニュー・ワールド」を歌いながら街の上空を飛ぶシーンで幕が降りる。

新バージョンの『アラジン』で主人公アラジン役を演じるのはメナ・マスード。ジャスミン役をナオミ・スコット、ジャファー役をマーワン・ケンザリ、プリンス・アンダース役をビリー・マグヌッセン、ダリア役をナシム・ペドラドが演じる。

『アラジン』はここから数年にわたってディズニーが企画している名作アニメの実写版のひとつだ。すでに『ジャングル・ブック』や『美女と野獣』の実写版をリリースしたディズニーは、3月28日(日本では3月29日)にティム・バートン監督による『ダンボ』、さらには7月19日(日本では8月9日)にドナルド・グローヴァーをシンバ役、ビヨンセをナラ役に迎えた『ライオン・キング』の公開も予定している。





Translated by Shoko Natori

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事