モーニング娘。'18加賀楓が「リズム」を通して発見したこと

モーニング娘。’18の加賀楓(Photo by Masato Moriyama)

モーニング娘。’18の13期メンバー、加賀楓。結成20周年イヤーとなった2018年もまもなく終わる。同グループの未来を担う彼女が体験したことや考えていたことを中心に、インタビューで話を伺った。

ー2018年はモーニング娘。結成20周年イヤーでしたが、この1年は加賀さん自身にとってどんな変化がありましたか?

加賀:最近になって音にこだわるようになったんです。ダンスや歌詞ももちろん大事なんですが、音を身体で表現するにはどうしたらいんだろうっていうことをすごく考えるようになりました。そのきっかけを与えてくれたのが、1月に出した「モーニングコーヒー(20th Anniversary Ver.)」だったんです。この曲の振り付けをしてくださったのが、夏まゆみ先生でした。今のモーニング娘。はフォーメーションダンス主体のパフォーマンスなんですけど、夏先生から私が学んだのはフォーメーションダンスはたくさんある表現のなかの一つということでした。そこに気づいてから、意識が大きく変わりました。

ー20周年記念オフィシャルブックのインタビューでは、リズムがすごく大事だってことに最近気づいたと話してましたよね。

加賀:それも音とまた関係していて、1・2・3・4・5・6・7・8というリズムの中で、様々な刻み方ができるじゃないですか。ドッドッドッドッとか、ダダッダダッとか。音楽を聴いたときに、この楽器の音はどういう刻み方でリズムを取ってるんだろうとか、そういうことを聴き分けられるようになってきたんです。それも夏先生から学んだ「この音を身体でどう表現するのか?」ってことからの発見だと思います。そう考えると、音楽とダンスって一見違うように見えるけど全然関係なくないというか、絶対どこかしらで繋がってるんだなと。

ーオリジナルのモーニング娘。を支えた夏先生と出会えてどんな気持ちになりましたか?

加賀:緊張しました。先生とお話しするとかダンスを教わる機会は全然ないんですけど、学ぶことがすごく多くて。「モーニングコーヒー(20th Anniversary Ver.)」の1曲だけでしたが、振り付けをしていただいて、一緒にダンスできる時間ができてよかったです。自分の中で音楽への意識が変わりました。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事