反逆児ジェイ・ホワイトが東京ドームの先に見る「夢」

ジェイ・ホワイト(Photo by Shuya Nakano)



─ここまでの話を聞いて思い出されるのは、やはりオカダ・カズチカ選手です。凱旋帰国後に突如頭角をあらわし、ブーイングを浴びながらも短い期間でトップの座を獲得したというストーリーや、互いに若くしてチームのリーダーに就いた点も、今のジェイ・ホワイト選手と似通っています。

ジェイ:確かに、オカダと俺とは似ているところが多いのかもしれない。周囲に認められるまでに時間がかかったところは特にね(苦笑)。

─とはいえ、体感速度的にはオカダ選手よりもジェイ選手のほうが、ブーイングが一定の評価に変わるまでの期間が短かったように思えるんですよね。

ジェイ:それは単純に、俺のほうがすべてにおいて優れたレスラーだからだよ(笑)。

─それはルックスも含めて?

ジェイ:それは、ファンが決めることなんじゃないのかな。まぁ、より多くの人にカッコいいと思わせるように、エクササイズは欠かしてないつもりだけどね(笑)。



─オカダ選手の参謀格だった外道選手と結託しケイオス(オカダ選手の所属チーム)に造反。さらにメンバーを続々とバレットクラブ(ジェイ選手の所属チーム)に寝返らせていくという今年後半の“事件”は、近年の新日本プロレスにはないショッキングなものでした。1月4日の東京ドームで行われるオカダ選手とのシングルマッチは、まさに決着の場となるわけですが、オカダ選手からは『(東京ドームの)対戦相手としてふさわしくない』というコメントもあがっていましたね。


ジェイ:「ふさわしくない」って言葉には、すっかり慣れっこになっているから、何とも思わないね。むしろ、その程度のことしか言えないオカダが可哀そうだよ。いまだに、自分が置かれている立場がわかっていないんだから。今年のG1 CLIMAX(毎夏恒例のビッグイベント)で、すでに俺に倒されているわけだし、ケイオスの仲間だってオカダを見放している。オカダは『ふさわしくない』というけど、これまでその言葉をすべて跳ね返し、実力で証明してきたのがジェイ・ホワイトなんだ。東京ドームでも、ただそのことを証明するだけ。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事