EUの著作権指令に対しYouTubeが強く非難、CEOが世界のクリエイターへレターを公表

YouTubeのCEOスーザン・ウォジスキ(Photo by Taylor Hill/FilmMagic )

YouTubeのCEOスーザン・ウォジスキは、EUの著作権指令第13条がクリエイティビティを制限し、“市民生活に対する脅威”になると主張し、同社の発行する季刊レターを利用して意見表明した。

「YouTubeは今、欧州議会に不満を抱いている」というのは少々控えめな言い方かもしれない。2018年9月、欧州議会が、デジタル時代に対応したクリエイティビティに関する権利保護を目指した著作権法改正案を承認し、物議を醸した。中でも第13条(Article 13)は、ユーザー主体のコンテンツを扱うウェブサービスからの反感を買った。第13条では、著作権保護されたマテリアルのフィルタリングや削除をウェブサービス側が行うべきとしている。このような政策の方向転換案は、著作権所有者(有名アーティストやソングライターら音楽業界の人々を含む)からは歓迎されている。一方でYouTubeやその支持者たちは、著作権法の強化によってインターネット・ミームやデジタル・クリエイティビティが阻害されるとして、反対してきた。

2018年10月22日、YouTubeのCEOスーザン・ウォジスキは、同社の発行する季刊レターを利用して意見表明した。クリエイター向けのメッセージの中で彼女は、2019年1月に議会で最終投票が行われる改正案に対して、強い非難の声を上げた。「同法案は市民生活を脅かすと同時に、世界へ意見を発信する能力にとっても脅威になる」というスーザン・ウォジスキは、YouTubeのクリエイターたちに向かって、ソーシャルメディアを通じて第13条に異議を申し立てるよう呼びかけた。第13条が適用されるとコンテンツ・ポリシーは制限され、YouTubeの「エコシステムが危機にさらされる」と、彼女は主張する。

以下は、スーザン・ウォジスキからのレター全文だ。


2018年におけるYouTubeの優先事項に関する最終情報

クリエイターの皆さん

2005年に設立されたYouTubeは、動物園で撮影したひとつの動画から、知識やクリエイティビティ、つながりを求めて数十億人がアクセスするグローバルな動画ライブラリーに成長しました。今日のYouTubeは、次世代のメディア企業を担い世界のあらゆる場所からファンを集める多様なクリエイターのコミュニティとなっています。皆さんが歴史を作っているのです。そして人々の動画の楽しみ方を変え、人と人とのつながり方や意見の共有方法を変えているのです。私は皆さまをサポートできることを光栄に思います。そしてこれからも私は、自分が目にするものにインスパイアされ続けるでしょう。

2017年の1年間で、100万サブスクライバー以上を抱えるチャンネル数が75%増加しました。毎月YouTubeには、音楽カルチャーの中で新たな曲やアーティストを見つけるために10億を超えるファンが訪れています。成長を続ける私たちはYouTube Musicを、英国、アイルランド、ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア、スペイン、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、ロシア、カナダ、デンマーク、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、ブラジルへと拡大してきました。さらにこの数か月間で、YouTube Artist Spotlightシリーズに、ジャネール・モネイ、J・バルヴィン、ショーン・メンデスの新たなストーリーを追加しています。また前四半期には、YouTube Originalsへ13のオリジナルシリーズが加わりました。その内3本はドイツ、2本はフランスの作品です。

Translated by Smokva Tokyo

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事