チバユウスケが語る「変わらない」音楽への姿勢とその美学

Rolling Stone Japan vol.03掲載/Coffee & Cigarettes 05 | チバユウスケ(Photo by Kentaro Kambe)

音楽、文芸、映画。長年にわたって芸術の分野で表現し続ける者たち。本業も趣味も自分流のスタイルで楽しむ、そんな彼らの「大人のこだわり」にフォーカスしたRolling Stone Japanの連載。5組目のゲストは、この7月に50回目の誕生日を迎える、The Birthdayのチバユウスケだ。

Coffee & Cigarettes 05 | チバユウスケ(The Birthday)

6月13日にThe Birthdayの最新シングル「THE ANSWER」を発表したチバユウスケ。7月10日に50回目の誕生日を迎えるチバだが、音楽への姿勢と生き方は昔から一貫している。その「変わらない」美学について迫った。

The Birthdayがよく使うリハーサル・スタジオでの取材だった。暑いぐらいの5月の週末の昼過ぎ、スタジオに現れたチバユウスケは缶ビールを片手にタバコをくわえていた。お世辞抜きで役者のようだし、これほど酒とタバコが似合うロック・ミュージシャンはチバ以外にいない気がする。

先に屋外で撮影をし、その後にスタジオに入ってインタビューをした。そのスタジオに入るとすぐにチバのかつてのバンド、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの「スモーキン・ビリー」という曲を思い出した。その曲のMVには吸い殻がいっぱいの灰皿が何度も映るのだが、まさにそんな感じの灰皿が置いてあるスタジオで、今もチバはスタジオにこもり、ご機嫌なロックンロール・ミュージックを紡いでいる。

インタビューが始まると、タバコを吸い始めた頃のことをボソボソと語ってくれた。「仲間内の中では吸い始めたのは俺が一番早かったね。何で吸い始めたのかなぁ……覚えてないなぁ」とタバコを燻らしながら懐かしそうに語るチバ。タバコを始めて、その後ほどなくしてバンドも始めた。チバはバンドを始めることになったロックとの出会いをまるで昨日のことのように振り返った。「友達から回ってきたカセットテープの中に収録されていたジョニー・サンダースを聴いて“何じゃコレ?”って思ったのと、そのときに流行っていたストレイ・キャッツ。その2つだね、バンドやろうと思ったのは」と。そして、初めてバンドを組んだときに「食っていけるかどうか別として、これをやって生きて行くだろうなぁって直観的に思った」とよどみなく教えてくれた。



RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事