ケンドリック・ラマーのピューリッツァー賞受賞、権威と名声が与える功罪

Tirhakah Love | 2018/04/19 14:23

| ピューリッツァー賞を受賞したケンドリック・ラマー(Photo by Scott Dudelson/Getty Images for Coachella) |

米カリフォルニア州コンプトン出身のラッパー、ケンドリック・ラマーはこれまで多数の賞を受賞してきた。12のグラミー賞、タイム誌の「最も影響力のある100人」の一人、そして最高のラッパーという不動の地位を得た。今度はそこにピューリッツァー賞音楽部門が加わったのだ。とはいえ、現時点でラマー自身はそれほどの注目を求めていない。

ポップ・ミュージック界では前代未聞の受賞である。ラマーの歌詞が、文化的な批判として、ジャーナリスティックな表現として、今年の他のピューリッツァー賞受賞者たちと同じくらい審査員を納得させるものだったのだろう。

グラミーの最優秀アルバム賞を逃した数カ月後に届いたこの賞は、間違いなくラマーの並外れた音楽レガシーを大きくするはずだ。これは黒人特有の秘密の表現方法でもあるヒップホップが、アメリカで最も分かりやすく、なおかつ重要なアートとして受け入れられる態勢が出来つつあることの証でもあるし、その一方で複雑な状況を加速することになるだろう。

ラマーのピューリッツァー賞受賞の意味が大きい理由の一つは、ヒップホップ界がヒップホップを代弁する「場」を合法化して、その歴史を管理していない点にある。XXLやThe Sourceといったカルチャー雑誌は、リスナーへのガイド的な役割はほぼ終えてしまっているし、40年間のアーカイブという財産を持つクラシック・ヒップホップのラジオ局の多くは既に消滅している。ヒップホップよりも大きなポップスのコミュニティも、ヒップホップの助けにはなってこなかった。グラミー賞の時期になると必ずささやかれるのが、レコーディング・アカデミーと若者文化の乖離であり、特にブラック・カルチャーとの断絶は未だに大きいようだ。

そうやってできた隙間にピューリッツァーのような団体が入り込んで、ステータスを感じさせる賞を与え、それゆえに音楽業界とは質の違う問題を引き起こすのである。

デューク・エリントン、セロニアス・モンク、ジョン・コルトレーン、チャールズ・ミンガス、ルイ・アームストロングといった黒人のジャズの巨匠たちは皆、死後にピューリッツァー賞を受賞している。1965年から1995年まで、存命中の黒人アーティストは一人も受賞していない。生きているうちに受賞した最初の黒人はウィントン・マルサリスで、『Blood on the Fields』という平凡なオペラ作品が受賞の理由だった。半世紀にわたり舞台裏で衝突と矛盾を繰り返した結果として、存命中のミュージシャンへの賞の授与は祝うべき価値のあるものとは思えない代物となっていたのである。
Translated by Miki Nakayama

RECOMMENDED

おすすめの記事