Juice=Juice、金澤朋子卒業公演で魅せたそれぞれの明るい未来

Juice=Juice



ダンスブロックを経て、「如雨露」では有澤一華・入江里咲・江端妃咲の新メンバー3人だけで会場の空気をフレッシュに一新した。続く4曲は金澤が少人数シャッフルで構成された4組で次々に共演していくメドレーブロック。「プラトニック・プラネット」 「TOKYO グライダー」「Wonderful World」と披露した後、「シンクロ。」では金澤と植村あかりとのオリジナルメンバー同士によるデュエットで、束の間無邪気な笑顔を交わしつつ温かいミディアムバラードで会場の拍手を呼び起こす。



新メンバー以外の7人による『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』から、ライブも後半戦へ突入。続く「私が言う前に抱きしめなきゃね」からの「Fiesta! Fiesta!」と、ボルテージを上げて攻め込んでいき、「CHOICE & CHANCE」で10人揃ってのパフォーマンスは頼もしさを感じさせる仕上がりとなっていた。朗らかなナンバーとしてJuice=Juiceのライブ・クロージングを何度も彩ってきた「Magic of Love」では、歌詞にのせた金澤へのレスポンスで植村が「ああ、大好き!」と思わず素の言葉をのせる姿も。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE