フェンダー、アコギとエレキが融合した次世代ギターの最新モデル「AMERICAN ACOUSTASONIC JAZZMASTER」を発売開始

アコースティックとエレキが融合した次世代ギター「AMERICAN ACOUSTASONIC®」の最新モデル「AMERICAN ACOUSTASONIC® JAZZMASTER®」

アコースティックとエレキが融合した次世代ギター「AMERICAN ACOUSTASONIC®」の最新モデル「AMERICAN ACOUSTASONIC® JAZZMASTER®」が、2021年3月17日(水)より発売開始される。

アコースティック・ギターとエレクトリック・ギターが融合した次世代ギターシリーズ「AMERICAN ACOUSTASONIC®(アメリカン・アコスタソニック)」の新モデルとなる「AMERICAN ACOUSTASONIC® JAZZMASTER®(アメリカン・アコスタソニッ
ク・ジャズマスター)」を2021年3⽉17⽇(⽔)よりフェンダーの公式オンラインショップ及び公式ショップ・イン・ショップであるFENDER SHOP IN MIKI GAKKI AMERICAMURA(⼤阪)をはじめ、全国のACOUSTASONIC取扱店*にて販売を開始する。

>>関連記事:老舗ギターブランド「フェンダー」が成長し続けている理由

AMERICAN ACOUSTASONICは、アコースティックのオーガニックなサウンドからエレクトリックギターのリズムトーンまでを奏でる⾰新的な次世代ギターシリーズ。快適なプレイアビリティと近未来テクノロジーを両⽴し、⾳楽の領域を広げる可能性を持つユニークな製品で、フェンダーのギターモデル「STRATOCASTER® (ストラトキャスター)」と「TELECASTER®(テレキャスター)」をフィーチャーした2つのラインナップに続き、ついに「JAZZMASTER®(ジャズマスター)」をフィーチャーした最新モデルが、今回新たにシリーズに加わることになった。



これまでのギターの概念を覆す幅広いトーンが加わり、⾳楽業界において定義されてきた “アコースティック”や“エレクトリック”というカテゴリーに縛られることなく、新しいクリエイティブやインスピレーションをアーティストに与える逸品だ。

シンガーソングライター/⾳楽プロデューサーであるリンジー・バッキンガムはACOUSTASONIC JAZZMASTERについて、「まだこのギターを⻑く使⽤しているわけではないけれど、スタジオで活躍することは間違いないと思ったよ。時間をかけてもっとこのギターのことを知りたいし、僕のよきパートナーになることをとても楽しみにしている。アコースティックギターはいつも僕のソウルメイトであり⾃分⾃⾝でもあるんだ。⾃分のスタイルを作り上げてくれたからね。僕の内にある⾳楽的なインスピレーションに呼応してくれる柔軟さが、この楽器にはあると感じてるよ。」とコメントしている。

1959年に発売された「JAZZMASTER®」は、フェンダーが初めて創りあげたボディ形状で、トレモロブリッジシステムを取り⼊れ、当時多くのプレイヤーを驚かせたことで有名だ。同モデルは、THE WHOのピート・タウンゼント、TELEVISIONのトム・ヴァーレイン、SONIC YOUTHのサーストン・ムーア、そしてDINOSAUR JR.のJ・マスシスなど世界的な⼈気を誇るプレイヤーたちが愛用。また、⾳楽歴史上で注⽬を集める場⾯にもJAZZMASTERは登場しており、MY BLOODYVALENTINEの1STアルバムのカバーや、RADIOHEADの1977年のグラストンベリー・フェスティバルでのセット、そしてエルビス・コステロがテレビ番組に出⼊り禁⽌となり話題となった「サタデーナイトライブ」でのパフォーマンスでもJAZZMASTERが使われている。

>>関連記事:ミュージシャンたちが愛した、歴史に残るギターの名器20選

ACOUSTASONIC JAZZMASTERには、様々なアコースティックヴォイシングが搭載されている。新たに追加された4つのヴォイスが、先代のモデルと⽐較しても⼤きめのボディを活⽤したより温かみのある⾃然なトーンを実現し、さらにブレンド・ノブで様々なニュアンスを切り替えることができる。このシンプルでありながらエレガントなコントロールにより、豊かなアコースティックトーンからエレキギターのフィードバックへの難しい切り替えが可能になり、その間の絶妙なサウンドのバランスも調整することができるのだという。また、ティム・ショウが設計したハムバッキング・ピックアップによる新しいエレクトリックヴォイシングが加わり、 ACOUSTASONICシリーズの中で最も強烈なエレクトリックサウンドを創り上げています。特別に設計されたボディからネックヒールまでのあらゆる側⾯においても、最⾼クラスのパフォーマンスを発揮できるよう計算しデザインされている。

フェンダー アコースティック&スクワイア部⾨ ヴァイスプレジデントのビリー・マルティネスは、「今回発表する新モデルは、5年もの年⽉をかけて、デザイン、設計そしてフォームファクタとテクノロジーを精製した集⼤成であり、このようにご紹介できることを⼤変誇らしく思います。JAZZMASTERは、ユニークなギターサウンドを求める独創的なミュージシャンによってアイコニックな存在となりました。ACOUSTASONIC JAZZMASTERは、その伝統をさらに発展させ、 3つの強⼒なピックアップとFISHMANアコースティックエンジンをすべて1つのブレンド・ノブで制御することで、⽐類のないサウンドを実現することに成功しました。」と語る。


ACOUSTASONIC JAZZMASTERの制作を追ったミニドキュメンタリー
「VERSATILE BY DESIGN」


■製品情報
製品名: AMERICAN ACOUSTASONIC® JAZZMASTER®
カラー: オーシャンターコイズ(画像), ナチュラル, タバコ・サンバースト,
タングステン, アークティック・ホワイト
希望⼩売価格: 270,000円+税
発売⽇: 2021年3⽉17⽇(⽔)
公式サイト: https://www.fender.com/

■特徴
・10種類のボディスタイルとトーンウッドコンビネーションを実現するアコースティックエンジンを搭載
・4つの新しいアコースティックボイシングを追加v

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE