DMA'Sが語る新境地、ブリットポップからエレクトロニックへの驚くべき進化

DMA'S(Photo by Mclean Stephenson)

往年のブリットポップを思わせるサウンドを鳴らし、「オアシスの後継者」とも謳われたオーストラリアの3人組、DMA’Sが3rdアルバム『THE GLOW』をリリース。2016年のフジロックにも出演するなど、ここ日本でも早くから注目を集めてきた彼らの新境地を、独自インタビューでの発言を交えつつ考察。

あのDMA’Sが、驚くべき進化を遂げて帰ってきた。まるでストーン・ローゼスとダイナソーJr.を掛け合わせたような、特大スケールの1stアルバム『Hills End』で2016年にデビューして以来、いまや地元オーストラリアだけでなく、イギリスでも次世代スタジアム・ロックを担う存在と目されているDMA’S。そんな彼らが満を辞して発表した3rdアルバム『The Glow』は、デジタル・ビートとシークエンサーを大胆に取り入れた、まさに野心作となった。

今回の取材に応えてくれたのは、主にアコースティック・ギターを担当するジョニー・トゥック。彼によれば、これは過去2作を踏まえての必然的な変化だったのだという。

「2018年に2ndアルバム『For Now』をだしたあと、僕らはこれまでの2作とは異なるサウンドを求めるようになったんだ。つまり、もっとエレクトロニックなテクスチュアを探求してみたくなった。たしかにこれまでの僕らはギター主導でやってきたけど、もともとシーケンスやサンプリングで実験をすること自体は、このバンドにとってはごく普通のことなんだよ。実際、僕らは“もっとエレクトロニックなサウンドのレコードを作りたい!”とずっと思ってたからね」



こうした方向性を踏まえて、DMA’Sの3人が共同プロデューサーに指名したのは、スチュワート・プライス。キラーズのようなニューウェイヴの影響が強いバンドから、カイリー・ミノーグやデュア・リパといったポップ・アクトまで、これまで数多くのアーティストのヒット作を手がけてきたスチュワートは、まさにエレクトロニック・ポップのスペシャリストだ。

「エレクトロニックな要素をバンドの音に加えようという話になったとき、すぐスチュアートの名前に思い当たったよ。だって、彼にはニューオーダーやマドンナ、ペット・ショップ・ボーイズと一緒に作品をつくってきた経験があるんだからね。(スチュアートが手がけた作品のなかで自分のフェイバリットは)マドンナの『Confessions On A Dance Floor』かな。特に『Hung Up』。すごくポップだけどカッコよくて、シンセのサウンドも素晴らしいよね」



そんなスチュアートとの共同作業は、彼らの予想以上にエキサイティングなものだったという。

「スチュアートは間違いなく、僕らがこれまで出会ったなかで最も驚異的なプロデューサーだよ。彼は驚くような接し方で、僕らの創造性を促してくれたんだ。スタジオもコントロール・ルームではなく、“ライヴ・ルーム”にコンピューターがセットされていてね。すべての機材がいつも手の届くところに配置されていて、その雰囲気はまるで僕らのホーム・スタジオみたいだった」

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE