TikTokの急成長、一年で世界を夢中にさせた理由とは?

動画投稿アプリTikTokを使えば、BGM入りの15秒の動画が作成できる。 Chesnot/Getty Images

動画投稿アプリTikTokは、わずか12カ月でYouTubeと同レベルで語られるサービスへと成長した。「簡単に有名になれる方法があるなら、試さないわけにはいかない」TikTokは、いかにして音楽を乗っ取ったのか?

2019年のはじめにリーアン・ベイリーさんは丸一日かけて誕生日パーティー用のクッキーを100枚焼いた。そして報酬として、300ドルを受け取った。

その週の後日、ベイリーさんはBGM入りの15秒の動画がつくれる動画投稿アプリTikTokのTheBaileyBakeryというアカウントからBGM入りのクッキーデコレーション動画を2つ投稿した。それによりベイリーさんは1000ドルを稼いだ。「ベイリーさんはケンタッキー州にいる40歳そこそこの女性で、4人の子持ち。TikTokの動画は、経済的に彼女をサポートしているのです」と米アリスタ・レコードでインターンとして働くドゥヴェイン・ドゥーララマニさんは言った。ドゥーララマニさんは、副業としてベイリーさんのアカウントのみならず、合計7000万人のオーディエンスにリーチできる20人以上のTikTokユーザーのマネージメントを行っているのだ。ベイリーさんひとりをとっても、400万人以上のファンがいる。「『お金を払うから、自分たちの楽曲を使ってくれませんか?』というアーティストや音楽レーベルからの問い合わせが毎日10から15件はきます」とドゥーララマニさんは言う。

中国のByteDance社がリップシンク(口パク)音楽アプリMusical.lyを廃止し、2017年末に買収したTikTokがMusical.lyのユーザーを引き継いでから、もうすぐで1年が経つ。リブランディングとローンチは大成功だった。少なくとも、ポップ・ミュージックへのインパクトを考えれば。というのも、TikTokはLil Nas Xの「Old Town Road」はもちろん、Ambjayの「Uno」やY2k & bbno$の「Lalala」などの楽曲がメインストリームで大ヒットするための足場となったのだから。最近では、Lizzoの「Good as Hell」がこうしたヒットに続く勢いだ。

12カ月という期間でTikTokは「YouTubeのショートバージョン」にたとえられるほど大きな存在感を持つようになった、と米音楽出版社のアーティスト・パートナー・グループ(APG)のマイク・カレンCEOは語る。「TikTokだけでもヒット曲の火付け役としては力がありすぎます。いまでは、山火事のようなものです」とカレン氏は言う。「音楽の視聴者層を11歳と24歳に分けて見てみましょう。YouTubeとTikTokという2つのプラットフォームを使えば、その半分を占める前者にリーチできるのです」とAPGの会計・監査部長を務めるジェフ・ヴォーン氏が言い添えた。

だが、TikTokはどのようにして、これほどのスピードで音楽業界のメジャープレイヤーへと成長できたのだろう? Google Trendのデータによると、アメリカでMusical.lyが人気のピークを迎えていた頃でさえ、その人気はTikTokのわずか半分の規模に過ぎなかったことがうかがえる。TikTokはソーシャルモビリティを向上させるアルゴリズムという、より優れた資源を活用し、常に人気ユーザーが最新トレンドとして表示されるための特化したアウトリーチ活動にも取り組んできた。

Translated by Shoko Natori

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE