遺産相続争い中の故トム・ペティの娘たちが未亡人を告訴

故トム・ペティの遺産に損失を与えている、と娘のアドリアとアナキム・ヴァイオレットがトムの妻ダナ・ヨーク・ペティを訴えた(Broadimage/REX/Shutterstock)

故トム・ペティの娘たち、アドリアとアナキム・ヴァイオレットが遺産をめぐって未亡人ダナ・ヨーク・ペティを訴えた。

シンガーソングライターの故トム・ペティの作品目録(カタログ)と遺産をめぐって相続争い中の2人の娘アドリアとアナキム・ヴァイオレットが未亡人のダナ・ヨーク・ペティを訴えた、と米ヴァラエティ誌が報じた。

米現地時間5月15日にカリフォルニア州上級裁判所に提出された訴状は、ダナ・ヨーク・ペティが故トム・ペティの作品目録に関する判断が必要な場面で娘たちが「平等に参加」するのを阻み、信頼関係を損なったとしてダナ・ヨーク・ペティを告訴し、最低500万ドル(およそ5億5000万円)の損害賠償の支払いを求めている。

過失による薬物の過剰摂取によって2017年10月にトム・ペティが66歳でこの世を去ると、残されたダナがシンガーソングライターの管財人となった。2019年4月にダナとアドリアはトム・ペティの遺産管理に関する請願書を提出し、ダナは作品目録をプロのマネージャーに委ねようとした。

新たな訴訟において2人の娘たちは、「平等な参加」が遺産をめぐる判断の場でそれぞれが3分の1の権利を有し、姉妹で3分の2の多数派としての権利が主張できる、との解釈を主張している。

「トム・ペティは、自らの音楽とレガシーが平等の権利のもと、娘のアドリアとアナキム、妻のダナに管理されることを望んでいました。ダナはトムの明確な願いをはね退けただけでなく、身勝手な利害関係によってトムのライフワークを濫用したのです」と娘たちの弁護士を務めるアレックス・ウァインガルテン氏はローリングストーン誌にコメントを発表した。「法的手段を用いることなく、何度も何度も友好的な解決策を模索した結果、ダナがトムの想い、音楽、レガシーをないがしろにするのを黙って見過ごすわけにはいかない、と判断しました」。

ローリングストーン誌の取材要請にダナの代理人は直ちに応じなかったものの、彼女の弁護士であるアダム・ストライザンド氏はヴァラエティ誌に以下のようにコメントを寄せた。「このような見当違いの不毛な訴訟は、トム・ペティが妻のダナただ1人に遺産管理を任せたのが正しい判断だったことを悲しくも証明しています」。ストライザンド氏はさらに続けた。「こうした破壊的な愚行によって夫トム・ペティのレガシーの保護が妨害されることをダナは断固として許しません」。

4月の請願書提出の後に行われたローリングストーン誌とのインタビューでアドリアは訴訟手続きによって何度もいらだちを感じたことを語った。

「関係者全員のアドバイザーや弁護士と一緒にどうやったら解決できるかを模索しています。私たちはお互いを愛していますし、正直に意見をぶつけることできちんと分かり合えるのです。いまはとても辛い時期です。でも、今回の出来事によって家族関係が劇的に改善されるのを実感しましたし、この16カ月間はたくさんのカタルシスと癒しを経験しました」。
 
「私は4人のパートナー(ダナ・ヨーク・ペティ、トムの最初の妻ジェーン・ベンヨ・ペティ、ジェーンの娘アドリアとアナキム)の1人に過ぎません。それに、まだパートナー同士が団結できる段階ではありません。それでも、必ず乗り越えられると思っています」とアドリアは語った。「必ず解決できると信じています。私は心からダナと私の家族を愛していますし、ザ・ハートブレイカーズが大好きです。彼らだって私にとっては家族です。それぞれが冷静になれるよう、もう少し時間をかけたいと思っています」。

Translated by Shoko Natori

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE