米国防総省のクラウド契約を巡る、トランプとベゾスの億万長者対決

ジェフ・ベゾス(左)とドナルド・トランプ(右)(Cliff Owen/AP/REX/Shutterstock, REX/Shutterstock )

ペンタゴン(米国防総省)のクラウド・マネジメント契約(略称JEDI)を巡る突然の決定は、トランプ米大統領とジェフ・ベゾスとの新たな激しい応酬の様相を呈している。

オリジナルの“億万長者対決(バトル・オブ・ザ・ビリオネアーズ)”は、WWE主宰のプロレスイベント『レッスルマニア23』の中で同団体代表のヴィンス・マクマホンとドナルド・トランプを戦わせた、人畜無害なエンターテイメント・イベントだった。公開の場でトランプがヒール(悪役)以外を演じたおそらく最後のバトルとして有名だ。危機にひんしていたのは、試合後にカメラの前でトランプによって剃り上げられたマクマホンの髪の毛だけだった。

そして今、トランプ大統領とAmazonのCEOジェフ・ベゾスの間で繰り広げられる億万長者対決の“続編”は、エンターテイメントには程遠い。問題となる事柄があまりにも多いのだ。また、両者はどちらも信用できるグッド・ガイとはいえない。

ここのところベゾス周辺が騒がしい。1370億ドル(15兆2100億円)の資産を有する人間が、何をもって中傷を受けていると感じるかは知る由もないが、いずれにしろベゾスはとても荒れた2019年2月を過ごしている。

ニューヨーク・ポスト紙は、大きな論議を呼んだAmazonのニューヨーク市への“第2本社”進出計画中止に際し、ベゾスを“ニューヨークの街から受けるプレッシャー”に対処できなかった元ヤンキースのピッチャー、ソニー・グレイと重ねた。さらに、ペンタゴンという財宝を手にしようというベゾス率いるテックジャイアントの夢が、突然砕かれた。

米国防総省のクラウド・マネジメントに関する100億ドル(約1兆1100億円)を超える規模の契約(略称JEDI)の発注が、急遽延期されたのだ。同契約は当初、熨斗をつけてAmazonに贈られるものだと思われていた。

ベゾスが軍との大規模な契約をものにした暁には、ワシントンに居ずして政府に最も大きな影響力を持つ人間となっていただろう。

Translated by Smokva Tokyo

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事