ガンズ・アンド・ローゼズがニューアルバムに着手、ダフ・マッケイガンも事実と認める

今度はダフ・マッケイガンが公言、際結成ツアーを終えたガンズのニューアルバムが進行中。(Photo by Mat Hayward/WireImage)

『チャイニーズ・デモクラシー』以来のアルバムについて、「アクセルはとてつもないアイディアをいくつか抱えてて、超クールな曲を作っているらしい」とベーシストは語る。

ガンズ・アンド・ローゼズのメンバーのうち、今度はダフ・マッケイガンが、再結成ツアーを終えたガンズのニューアルバムが進行中であることを認めた。

金曜日(2月22日)、ラジオ番組「Trunk Nation」でのインタビューでベーシストが明らかにしたところでは、アクセル・ローズが再びペンをとり、2008年作『チャイニーズ・デモクラシー』以来となる久々のニューアルバムに着手したそうだ。マッケイガンにとっては、ガンズのアルバムに参加するのは1993年の『ザ・スパゲッティ・インシデント?』以来となる。

「ああ、本当だ。ただ、ガンズ・アンド・ローゼズの面白いところ、クールなところでもあるんだが、俺たちはとくに話し合ったりしないんだ。成り行きに任せて進んでいくんだよ」と、マッケイガンはニューアルバムについてこう語った(情報元:音楽サイトUltimate Classic Rock)。

「俺たちは、はっきりスケジュールを決めて取り掛かるようなバンドじゃないんだ。アクセルがものすごいアイディアを抱えていて、超クールな曲を作っているっていうのは聞いた。もちろん俺だって実現するのが楽しみさ。だからといって、急かすつもりはない。時が来れば自然にそうなる。それだけは確実だ」

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事