月面飛行計画の未公開映像が収録された新作映画『アポロ11』予告編を見る

NASA初の有人月面飛行(および着陸)の準備段階をとらえた未公開映像が満載の最新ドキュメンタリー映画『アポロ11』

「新たに発掘された65mmビデオの映像と、1万1000時間以上に及ぶ未公開音声」を全編に盛り込んだ最新ドキュメンタリー映画『アポロ11』の予告編が到着した。

NASA初の有人月面飛行(および着陸)の準備段階をとらえた未公開映像が満載の最新ドキュメンタリー映画『アポロ11』。このほどサンダンス映画祭でプレミア上映された。

「新たに発掘された65mmビデオのお宝映像と、1万1000時間以上に及ぶ未公開音声をもとに製作された『アポロ11』は、NASAがもっとも誇るミッション――人類が初めて月面に降り立ち、ニール・アームストロングとバズ・オルドリンの名前を人々の記憶に永遠に刻みつけたミッションの内幕へと我々をいざないます」配給会社のNeonは映画に関してこう説明している。

「ときには宇宙飛行士、ときには地上管制センターのチーム、そしてときには地上から見守る何百万人の視点から、人類が未来に向かって大きな一方を踏み出した1969年のあの忘れえぬ日々のひとつひとつを、鮮やかに体験していただきます」

未公開音声のひとつでは、ある男性が未来を左右する一大プロジェクトについてこう語っている。「アポロ計画のすべては、2人のアメリカ人を月に送り込み、無事に帰還させるための計画。この出来事がどれほど壮大であるかは、のちに歴史が証明するだろう」

予告編では、アームストロングとオルドリンが宇宙服に身を包んでいく場面など、アポロ計画の未公開アーカイブ映像の一部も登場。最後は月面への歴史的第一歩をチラ見せして幕を閉じる。

『Dinosaur 13』のトッド・ダグラス・ミラーが監督と編集を担当した『アポロ11』は、年内に米国劇場予定。日本公開は未定。

Translated by Akiko Kato

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事