トム・ヨーク、『サスペリア』のサントラより「Open Again」をアコギで披露

『サスペリア』リメイク版のサントラにしてニュー・アルバムとなる『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』を発表したトム・ヨーク(Photo by PRESS)

レディオヘッドのトム・ヨークが、ルカ・グァダニーノ監督の新作映画『サスペリア』のサントラとして制作したニュー・アルバム『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』より、「Open Again」をアコースティック・ギターで演奏するパフォーマンス映像を公開した。

リリースと同時に、各国のサウンドトラックチャートで1位を獲得するなど全世界で絶賛されている同作。「Open Again」はアルバムを象徴する印象的なナンバーであり、美しさと恐怖が入り交ざった、混沌とした映画の雰囲気を見事に捉えている。新たに公開されたパフォーマンス映像は、NYのエレクトリック・レディランド・スタジオで行われたセッションの一部を撮影したものだ。



『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』は、レコーディング&プロデュースをトム・ヨークとサム・ペッツ・デイビーズが共同で担当。さらに、ロンドン・コンテンポラリー・オーケストラと聖歌隊がフィーチャーされているほか、トムの息子であるノア・ヨークが「Has Ended」と「Volk」でドラムを、パーシャ・マンスロブが「Suspirium」でフルート・ソロを演奏している。



<リリース情報>

トム・ヨーク 『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』

トム・ヨーク
『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』
発売中
XL RECORDINGS / BEAT RECORDS
国内盤2CD:XL936CDJP ¥2,750 / 高音質UHQCD / 解説書・歌詞対訳封入
国内盤2CD+Tシャツ:XL936MXJP ¥6,250

=収録曲=

CD1
1.A Storm That Took Everything
2.The Hooks
3.Suspirium
4.Belongings Thrown in a River
5.Has Ended
6.Klemperer Walks
7.Open Again
8.Sabbath Incantation
9.The Inevitable Pull
10.Olga’s Destruction (Volk tape)
11.The conjuring of Anke
12.A light green
13.Unmade
14.The Jumps

CD2
1.Volk
2.The Universe is Indifferent
3.The Balance of Things
4.A Soft Hand Across your Face
5.Suspirium Finale
6.A Choir of One
7.Synthesizer Speaks
8.The Room of Compartments
9.An Audition
10.Voiceless Terror
11.The Epilogue

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事