米で人気急上昇SEVENTEENが語る、LA滞在と今後の予定

13人のメンバーからなるK-popグループSEVENTEEN(PLEDIS Entertainment)

先日LAで開催されたK-popフェスティバルKCONで大盛況のステージパフォーマンスを行った13人からなるグループSEVENTEEN。米ローリングストーン誌との独占インタビューで、KCONのステージ、今後の予定などを語ってくれた。

観客動員はおよそ10万人。行われたトークイベントやワークショップは200件前後。2日間での出演アーティストは19組。ロサンゼルスで行われた今年のKCONにまつわるデータはどれも圧巻だが、8月にK-popフェスティバル兼コンベンションを訪れた人々の心に深く刻まれた数字は、たったひとつ。SEVENTEENだ。

ファンクラブ会員数と人気度数、どちらをとってもSEVENTEENはK-pop最大のボーイズグループに挙げられる。13人のメンバーはみな10代~20代前半の若い男子。作曲・プロデュース・振り付け、どれも自分たちが担当するという点が話題となり、2015年にデビューするやまたたくまに、韓国の洗練されたポップシーンの注目の的となった。好奇心旺盛なメンバー13人は大きく3チームに分かれ、互いに助け合っている。ひとつは、エスクプス、ウォヌ、ミンギュ、バーノンらラッパー軍団によるヒップホップチーム。2つ目は、ウジ、ジョンハン、ジョシュア、ドギュム、スングァンらシンガーらによるボーカルチーム。そして3つ目のパフォーマンスチームには、グループ屈指のダンサーであるホシ、ジュン、ディエイト、ディノが顔を揃える。彼らはリリース週の売り上げ枚数で韓国国内の歴代記録を次々塗り替えただけでなく(噂のクロスオーバーバンドBTSといい勝負)、全米チャートでも絶好調。ビルボードのワールド・アルバム・チャートで度々No.1に輝いた、数少ないK-popグループの仲間入りを果たした。

8月12日のKCON最終日、イベントのトリを飾るステージを前に、SEVENTEENはステープルセンターのバックステージで寛いでいた。ステージ上ではおしゃれなハワイアンTシャツや南国風のボタンダウンに破れたジーンズといった、いわゆる南カリフォルニアのサーファーボーイ・ファッションで登場する彼らも、舞台裏ではゆったりめのTシャツ姿。LA在住のジョシュアを含め、メンバーたちはLA滞在中、比較的おとなしく過ごしていた。だが誰もが感じているように、次回の訪米ではこうはいくまい。観客と雑談していた時、2015年のシングル「Mansae」の一部が流れると、会場全体が本能的に、この曲特有のハンドウェイブ・ダンスを踊り始めた。SEVENTEENがアメリカで単独アリーナコンサートを敢行する次のK-popバンドになることは、誰の目にも明らかだ。ローリングストーン誌との独占インタビューに応じた彼らは、自分たちのルーツ、LAでの滞在、そして今後の予定などを語ってくれた。

ーロサンゼルス滞在はいかがですか?

ジョシュア:ものすごくうれしかった。家に帰って、両親や友達と会えたからね。天候にも恵まれたので、ホシと一緒に散歩に出かけたら、iHOPを見つけたので食事した。実際は母親が途中から加わったので、めちゃめちゃ楽しかったよ。でも、僕が一番ハッピーだったのはステージの上。生まれた町でのKCONのステージに立つんだよ。しかも、想像よりもたくさんのファンが集まってくれたおかげで、余計にうれしかった。

バーノン:本当だね。LAは来るたびにいつもいい思い出ばかりだ。特に今回は、僕が大好きでいっつも聞いているアーティストTobi Louに会えて、めちゃ嬉しかった。Tobiに僕の友人を紹介して、一緒に美味しいごはんを食べて、スタジオに行って、仕事のことをいろいろ話したんだ。

Translated by Akiko Kato

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事