ポール・マッカートニー新作MVは、リバプールが舞台の淡い恋物語

新作『エジプト・ステーション』からニューシングル「Fuh You/ファー・ユー」のミュージック・ビデオが公開された

ポール・マッカートニーの新作『エジプト・ステーション』からニューシングル「Fuh You/ファー・ユー」のミュージック・ビデオが公開された。ビートルズの故郷・リバプールが舞台のキラキラした可愛らしい思春期の恋心を描いた作品だ。

ポール・マッカトニーは、故郷リバプールで撮影した「Fuh You/ファー・ユー」のミュージックビデオで、思春期の恋にまつわる愛らしい物語を紡ぎ出した。この卑猥なタイトル(※FuhはF**kの意味)の曲はマッカートニーの最新作『エジプト・ステーション』からのニューシングルだ。

モノクロのビデオは、10代のカップルが少女の自宅前でキスを交わそうとすると、少女の母親が家から出てきて少年を追い返す場面で始まる。少女に夢中の主人公は自宅に戻る道すがら、「Fuh You/ファー・ユー」に合わせて歌を歌い、ダンスしながらリバプールのストリートを歩き回るのだ。

マッカートニーは『エジプト・ステーション』でも異彩を放つこの曲について、こんなコメントを出していた。「この曲を作るとき、ライアン・テッダーと一緒にスタジオに入っていた。アルバムの他の曲は(プロデューサーの)グレッグ・カースティンと一緒に作ったんだけどね。ライアンと私はちょっとしたアイデア、メロディーやコードの断片を考えていた。そしたらこの曲が徐々に姿を現し始めたんだよ。そして曲がまとまってから、この曲に合うストーリーを作り上げたというわけだ」と。

マッカートニーは次にように続けた。「最初に『もう、お願いだよ、ベイビー。君のことを話してくれ。本当のことを教えてよ。君のことをもっと知りたいんだ』ができて、次に『君がどんなふうに思っているのか知りたい。君がいると僕は外に出て盗みたくなる。君のためにそうしたくなるんだ』 ができた。これが曲のベーシックな歌詞となって、そこから派生していったんだ。まあ、ラブソングと言えるけど、ちょっと卑猥なラブソングさ。だって最後には『fuh you』だからね」。

マカートニーは米ニューヨークのグランド・セントラル駅で行われたシークレット・ギグでもこの新曲を演奏した。

Translated by Miki Nakayama

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事