「ツタロックフェス2018 クイックレポ」MAN WITH A MISSION:攻めのロックチューン炸裂のステージ

MAN WITH A MISSION:Photo by Daisuke Sakai (FYD inc. )

本日3月18日、幕張メッセ 国際展示場9・10・11ホールで開催中のツタロックフェス2018。MASSIVE STAGEに出演したMAN WITH A MISSIONのクイックレポートをお届け。

オオカミたちを歓迎する“ガウガウポーズ”で埋め尽くされたフロア。メンバーが登場するとMASSIVE STAGEはただならぬ熱気に包まれ、Tokyo Tanaka(Vo)が両手を広げれば怒号のような歓声。もはやここは彼らのホームだ。「楽シンデルカ人間ノ野郎ドモ!」という雄叫びとともに、いきなり大人気曲「FLY AGAIN」からライブはスタートした。

恒例の手振りで早くも場内は一つに。レーザーも一助となって盛り上がりはまさに壮観。「database」に続き、Jean-Ken Johnny(Gt, Vo)が「日本人ノ皆サマ踊レマスカ!?」と問いかけて「Hey Now」へ。BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之がプロデュースしたこの曲ではデジタルとロックが融合した先鋭的サウンドを提示した。さらに「My Hero」「Take What U Want」とロックチューンを立て続けに送り、攻めの手を緩めることはない。それに負けじとオーディエンスも食らいつき温度は上昇するばかり。

MC役を担うJean-Ken Johnnyは「ツタロック、我々ガ前ニオ世話ニナッタノハクアトロダッタンデスヨネ。ソレガ今ヤ幕張ニ集マッテ、スゴイデスネ」とイベントへの賛辞を送る。

後半、ライブアンセム「Emotions」が始まると大きなシンガロングが響き渡る。東京スカパラダイスオーケストラとコラボした新曲「Freak It!」では、DJ Santa MonicaのスクラッチやSpear Rib(Dr)の重厚なドラミングも炸裂。そして最後の「Raise your flag」で渾身の演奏を終えた際には、ほとんどの観客がMWAMのタオルやガウガウポーズを掲げていた。5匹のオオカミたちは、怒涛の勢いで「ツタロックフェス」を自分たちのカラーに染めていった。

SET LIST
MAN WITH A MISSION
1. FLY AGAIN
2. database
3. Hey Now
4. My Hero
5. Take What U Want
6. Emotions
7. Freak It!
8. Raise your flag

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事