プロレス王者とロックスター、二つの夢を叶えたC・ジェリコの素顔

イッテンヨンでケニー・オメガと対戦するクリス・ジェリコ(Photo=Yoko Yamashita)

2018年1月4日(木)、東京ドームで開催される「WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム」。新日本プロレスによる日本プロレス界最大のビッグマッチ。今回、ダブルメインイベントの一つでもある「IWGP USヘビー級選手権試合 ノーDQマッチ」に参戦するクリス・ジェリコにインタビューを実施。

2017年前半は米WWEのマットで活躍し、夏に両国国技館で開催された「WWE Live Tokyo」にも参戦。その後、自身のバンドであるFOZZYで精力的に音楽活動を行ってきた彼が、11月にケニー・オメガへの挑戦を突如表明。新日本プロレスのリングに立つことになった。プロレスと音楽について、今何を考えているのか話を聞いてきた。

世界中のプロレスファンを巻き込んだ試合をしたい

ー イッテンヨンに参戦しようと思った最大のモチベーションは何だったのでしょう?

クリス 誰も実現するとは思っていなかったドリームマッチだよね。自分自身もワクワクさせられる試合だ。27年間プロレスをやってきて、あらゆる人たちと世界中で戦ってきた。リック・フレアー、ジ・アンダーテイカー、ショーン・マイケルズ、ジョン・シナ、アダム・コープランド……名だたる面々と戦ってきたけど、ケニー・オメガとはまだ戦っていない。彼が日本プロレス界でどれくらいのスターか心得ているし、彼と戦うことがどれだけ特別な試合になるのかも分かっている。そして、タイミング的には今しかないんだ。昨年じゃダメだし、再来年でもダメ。今こそがそのときだ。世界中のプロレスファンを巻き込んで大きなことができると考えている。そういうすべての物事を考えた結果、好奇心を持ってこの試合に出たいと思ったんだ。

ー ケニー・オメガという選手についてどんな印象を持っていますか?

クリス いい選手であり17年のベストバウト(プロレス大賞)、そして同じカナダのウィニペグ出身であるということも知っている。ウィニペグはカナダでもそんなに大きな街ではないから、興味はあったよ。でも、彼の試合は実はまだ観たことがない。なぜならば、観る必要がないからだ。いいプロレスラーである、有名である、人気のある選手である。それしか知る必要はないんじゃないかな。

ー 最近の新日本プロレスの動向はチェックしていますか?

クリス 記事は読んだりしているよ。日本に長くいたから日本には興味があるね。そして新日本にも。新しいジェネレーションが出てくる、トップスターが代わる、そんなサイクルのなかでも永田裕志、天山広吉、小島聡、獣神サンダー・ライガーという世代が一緒に頑張っているところを見てきた。自分自身も長いキャリアのなかで、古参と言える人たちと戦ってきたけど、彼らはまだ第一線にいるよね。その一方、オカダ・カズチカ、内藤哲也、棚橋弘至という新しいジェネレーションや、ケニー・オメガ、ヤングバックス、Codyという選手を知ることもすごく大事なことだと思う。僕は27年間プロレス業界にいるから、もうベテランと呼んでもいい。でも、自分はまだピークにいる。ヤングライオンともベテランとも戦える存在が自分だし、それができる選手は他になかなかいないし、引退したら自分みたいな存在は現れないかもしれない。ずっとトップに君臨し続けているのに若手とも古参とも戦える。こんな存在はなかなかいないよね。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事