ビーチ・ハウス、新作よりソニック・ブームが監督した「Drunk in LA」のMVを公開

Rolling Stone Japan 編集部 | 2018/09/13 10:00

| 今年5月にリリースした7枚目のアルバム『7』の収録曲より「Drunk in LA」のMVを公開したビーチ・ハウス |

米メリーランド州ボルチモアのドリーム・ポップ・バンド、ビーチ・ハウスが今年5月にリリースした7枚目のアルバム『7』の収録曲より「Drunk in LA」のMVを公開している。

MVは、アルバムの制作にも参加した元スペースメン3のソニック・ブームと、映像作家のヌーノ・ジャルディムが共同で監督&プロデュースを手がけた。ソニック・ブームことピート・ケンバーの白日夢がベースになったというサイケデリックな映像は、ヌーノがポルトガルで撮影したものだという。



また、合わせてソニック・ブームがリミックスした「Black Car」の音源も公開されているのでチェックしてほしい。



Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDED

おすすめの記事