Rolling Stone

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

JB映画の監督が語る、ジェームス・ブラウンとスティーブ・ジョブズとの共通性とは

James Sullivan | 2016/06/21 13:30

| 『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』より Emilio Grossi/Courtesy of HBO |

『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』のアレックス・ギブニー監督インタヴュー、「彼はスティーブ・ジョブズと似ている」

アレックス・ギブニーは、ジェームス・ブラウンの伝記映画『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』について良いことしか言わない。

「あれは・・・良いと思うよ」と、彼は注意深げに小さくくすっと笑いながら言う。彼の社交上の評価には、遠慮もあるだろう。テイト・テイラー監督による『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』で共同プロデューサーを務めたミック・ジャガーが、ギブニーの『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』でも共同プロデューサーを務めているのだから。ギブニーのこのドキュメンタリーは、偉大なパフォーマー、ジェームス・ブラウンが音楽的、社会的にもたらした影響を扱ったもので、日本では、2016年6月18日より劇場公開されている。

『「闇」へ』でオスカーを受賞した調査熱心な監督は、ケン・キージー、ハンター・S・トンプソン、フェラ・クティの映画も撮っているが、とにかくリアルであることを好む。「息を飲むようなものであればこそ、ありのままにする以外で表現するのは難しいんだ」とローリングストーン誌に語る。

そして『ミスター・ダイナマイト』は、タイトル通りの映画となった。ブラウンを偉大な音楽的革新者の1人であり、60年代の公民権運動の重要人物とならしめたその純然たる意志の力にフォーカスを当てたこの映画は、1966年の"恐怖への行進"のスリリングな映像、パリのオランピア劇場での伝説的なショー、マーティン・ルーサー・キング・Jr.暗殺直後、1968年ボストンで行われたブラウンの歴史的なコンサートの未公開映像がフィーチャーされている。
Translation by Kise Imai

RECOMMENDED

おすすめの記事