ザ・バンドのドキュメンタリー日本版予告編が公開、クラプトンなどのコメントも

ザ・バンド  (c)Robbie Documentary Productions Inc. 2019

10月23日(金)より角川シネマ有楽町、渋谷WHITE CINE QUINTOほか全国順次公開される、映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』の日本版予告編が公開された。

1976年11月25日、サンフランシスコのウィンターランド・ボールルーム。激動の70年代後半に、一つのバンドがその活動に終止符を打った。彼らの名は「ザ・バンド」。ボブ・ディランをはじめ、音楽史に偉大な足跡を残したミュージシャンたちから尊敬される、ロック史上最も重要なバンドの一つである。

【動画を見る】『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』日本版予告編

本作はギターのロビー・ロバートソンが2016年に綴った自伝を元に、バンドの誕生から“ビッグピンク”でのレコーディング、メンバー達の熱い友情と軋轢、そして伝説的解散ライブ「ラスト・ワルツ」まで--才能、幸運、苦悩、狂気が横溢する創造の旅路を追ったドキュメンタリー。製作総指揮をマーティン・スコセッシ、ロン・ハワードが担当し、ブルース・スプリングスティーン、エリック・クラプトンら音楽界の超大物たちも次々に登場。世代を超えて全ての音楽ファンの心に響く感動作だ。

この度解禁された予告編ではザ・バンドを代表する2つの楽曲、「Up On Cripple Creek」と「The Night They Drove Old Dixie Down」が使用されバンドの誕生から解散までの軌跡が描かれた。さらに、ブルース・スプリングスティーンやエリック・クラプトン、映画『ラスト・ワルツ』の監督であるマーティン・スコセッシからの、バンドに対するコメントが引用され、ともにツアーを回り友情を育んだボブ・ディランと一緒に演奏する様子なども垣間見えるものとなっている。

「彼らは奇跡を起こすんだ」 --ブルース・スプリングスティーン
「圧倒されたね。人生が変わったよ」--エリック・クラプトン
「彼らのサウンドは他の何にも似ていない」 --マーティン・スコセッシ
「アメリカでビートルズに匹敵するのは彼らだけさ」--タジ・マハール
「このバンドの物語にはどこか美しいものが感じられる」 --ワシントン・ポスト
「すっかり気分が高揚する」 --ロサンゼルス・タイムズ

【画像】『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』劇中・イメージ写真(13点)




『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』
(原題「ONCE WERE BROTHERS:ROBBIE ROBERTSON AND THE BAND」)

監督:ダニエル・ロアー 製作総指揮:マーティン・スコセッシ、ロン・ハワード
原案:「ロビー・ロバートソン自伝 ザ・バンドの青春」(ロビー・ロバートソン著、奥田祐士訳、DU BOOKS刊)
出演:ザ・バンド〈ロビー・ロバートソン、リック・ダンコ、リヴォン・ヘルム、ガース・ハドソン、リチャード・マニュエル〉、マーティン・スコセッシ、ボブ・ディラン、ブルース・スプリングスティーン、エリック・クラプトン、ピーター・ガブリエル、ジョージ・ハリスン、ロニー・ホーキンス、ヴァン・モリソン、タジ・マハール

2019年/カナダ、アメリカ/英語/カラー・モノクロ/アメリカンビスタ/5.1ch/101分
後援:カナダ大使館/字幕翻訳:菊地浩司/字幕監修:萩原健太
配給:彩プロ/宣伝:プレイタイム、スリーピン
©️Robbie Documentary Productions Inc. 2019 

公式ホームページ:http://theband.ayapro.ne.jp/

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE