新型コロナ感染偽装し、妻を誘拐・殺害した男が逮捕

Courtesy of The Jupiter Police Department

米フロリダ州の男が別居中の妻を殺害し、新型コロナウイルスを「失踪した妻」の隠れ蓑にしたとして告発されている。

亡くなったグレッチェン・アンソニーさん(51)の失踪事件に関連し、グレッチェンさんの夫であるデビッド・アンソニー(48)が、3月31日にニューメキシコ州ラスクルーセスで逮捕された。第二級殺人と誘拐の容疑で起訴されている。

グレッチェンさんを装った何者かが3月23日、グレッチェンさんの友人に「不審な」テキストメッセージを送ったという。グレッチェンさんは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と診断され、疾病対策センター(CDC)に収容されていると。

友人が警察に連絡をすると、病院にグレッチェン・アンソニーという人物はいないことが判明。グレッチェンさんを名乗る人物は母親に追加のテキストメッセージを送り、地元の病院で人工呼吸器を付けてると連絡。しかしこれも確認が取れなかった。

警察がグレッチェンさんの家を捜索したが、彼女の居場所は不明。近所の人によると、最近叫び声が聞こえたとのこと。家の中を捜索したところ、台所では血液と思われる液体が付着したタオルと、寝室では血痕と思われるものを発見した。

アンソニー夫妻の友人によると、2人は今年初めに別居しており、グレッチェンさんは2月に離婚を申請していた。デビッド・アンソニーは現在、フロリダ州パームビーチ郡への身柄引き渡しを待っている。

・殺されたセックス・セラピスト、ハリウッドの光と影に翻弄された人生(写真)

Translated by Rolling Stone Japan

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE