DAOKO、最新楽曲「御伽の街」配信リリース&ラジオでフル尺OA決定

インディ時代のスタイルを彷彿とさせつつも進化を感じさせる新曲「御伽の町」

DAOKOが、最新楽曲「御伽の街」を1月15日に配信リリースすることを発表した。

2015年3月、女子高生にして1stアルバム『DAOKO』でメジャーデビューしたDAOKO。今作は、サウンドプロデューサーにソロシンガーとしても活動する小袋成彬を迎えた。小袋が制作したトラックに、ノンフィクションとフィクションの狭間を行き来する“御伽的な”リリックとリリカルなフロウで繰り広げられるDAOKOのラップが乗った、新しいクラブミュージックに仕上がった。

また本楽曲「御伽の街」を1月14日21時より放送のJ-WAVE(81.3FM)『SONAR MUSIC』での先行オンエアが決定している。



<配信情報>

DAOKO
デジタルリリース「御伽の町」

配信日:2019年1月15日(水)

作詞・作曲 DAOKO / Nariaki Obukuro
編曲 Nariaki Obukuro
Produced by Nariaki Obukuro

<ライブ情報>

DAOKO
「二〇二〇 御伽の三都市 tour」

=ツアー日程=
2020年2月3日(月)名古屋CLUB QUATTRO
2020年2月4日(火)梅⽥CLUB QUATTRO
2020年2月10日(月)恵比寿リキッドルーム

出演:DAOKO
サポートメンバー:キーボード・網守将平、ギター・永井聖一、ベース・鈴木正人、ドラム・大井一彌
チケット代:前売4400円 / 当日券4900円(ドリンク代別)
※オールスタンディング

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE