モー娘。秋ツアー最終公演、新曲2曲で聴かせた新たな「実験」

12月5日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された「モーニング娘。'19コンサートツアー 秋〜KOKORO&KARADA〜FINAL」(Courtesy of UP-FRONT GROUP)

モーニング娘。’19が12月5日、東京・国立代々木競技場第一体育館にて「モーニング娘。’19コンサートツアー 秋〜KOKORO&KARADA〜FINAL」を開催。公演上で通算68枚目となるニューシングルを1月22日にリリースすることを発表した。

モーニング娘。’19が同会場でライブを実施するのは2008年のHello!Projectコンサートツアー以来11年ぶり。グループ単独としては満を持しての初ライブとなった。この日は約1万1000人を動員し、見切れ席まで開放しての盛況ぶり。ライブの模様はスカパー!とライブ・ビューイングで全国に生中継された。また、本ライブはHello!Projectの試験的取り組みとして、スマートフォン・携帯電話での撮影が可能な5公演の一つだった。

ライブの幕開けを飾ったのはツアータイトルにも据えられていた新曲「KOKORO&KARADA」。DTMベースに未来的な雰囲気を漂わせた楽曲を14人の鍛え抜かれた鋭いパフォーマンスで魅せ、続く「人生Blues」からパワフルに5曲をたたみかけていく。「わがまま気のまま愛のジョーク」ではメンバーの煽りに合わせ、観客席から圧巻の大声援で「愛されたい!  愛されたい!」のコールが押し寄せた。


Courtesy of UP-FRONT GROUP


Courtesy of UP-FRONT GROUP

本ツアーは今年6月から加入した15期メンバーにとっては、初のパフォーマンス参加を果たしたツアーになった。初めて立つ代々木第一体育館の大きさに、15期の山﨑愛生は「すごい広い会場なので、遠くの方からは私達がちっちゃく見えちゃうと思うんですよ。だから私達も会場の大きさに負けないように大きく踊ります!」とMCで語った。

少人数ユニットで代わる代わる楽曲をパフォーマンスするブロックでは、そんな15期の北村莉央・岡村ほまれ・山﨑愛生が3人でセンターステージに立って「好きな先輩」を披露。全員でのステージとは一味違うフレッシュな立ち振る舞いに会場全体が勢いを合わせてパフォーマンスを楽しんでいた。

また、「雨の降らない星では愛せないだろう?」ではセンターステージにピアノが2台登場。イントロから佐藤優樹と野中美希が向かい合う形でピアノを連弾するという初の演出で会場をピースフルな空気に包んだ。曲後のMCでは石田亜佑美が「日頃あんまり褒めないけど、今日はよくやった!」と佐藤の肩を叩き、舞台裏で羽賀朱音が練習に励む野中を「野中氏、頑張れ!」と励ましていたというエピソードも。


Courtesy of UP-FRONT GROUP


Courtesy of UP-FRONT GROUP

小田さくらは「15期が3人だけでセンターステージに立ってるのを見て感動した」と語り、横山玲奈は他メンバーに押し出されて一人センターステージへと走り出したかと思うと「気持ちいいわ」と実感のこもった声をあげ、15期メンバーを呼び寄せて4人でメインステージまで駆けっこで競争。譜久村聖に「運動会みたいになってる」と言わせるなど、終始ムードは和やかに包まれた。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE