宇崎竜童、ニューアルバム『from元年』を提げて全国ツアー幕開け

宇崎竜童と阿木燿子(Courtesy of キョードー東京)

宇崎竜童が13日、東京・府中の森芸術劇場どりーむホールで全国ツアー「宇崎竜童ロックンロールハート2019」をスタートさせた。以下、公式レポートをお届けする。

7月13日、 宇崎竜童がニューアルバム『from元年』をリリース。 新曲はもちろん、 他のアーティストへの提供楽曲、 かつてのレパートリーから新たにセレクトした楽曲などを織り交ぜた作品に仕上がっている。 収録曲は、 作詞作曲宇崎竜童&阿木燿子の二人による作品で、 プロデュースも阿木が手がけている。 そして、 記念すべきアルバムリリース日に全国ツアー「宇崎竜童ロックンロールハート2019」も開幕。 東京・府中の森芸術劇場どりーむホールで初日を迎えた。



「ロックンロールハート」と銘打つライブは今回で3度目だが、 ツアーは初。 初日公演の本番直前、 宇崎竜童と今回のツアーのプロデュースを手がける阿木燿子が会見を行なったが「去年は『Ay曽根崎心中』に全身全霊をかけていたので、 ロックコンサートはちょっと久しぶりなのでちょっと固くなってます(笑)」と宇崎は少し緊張していると告白。 阿木は「プロデューサーとして『歌詞を間違わないかな』とか『音程大丈夫かな?』とか、 ドキドキというか肩が凝ります(笑)」と心境を語り、 場を和ませた。 そして宇崎は「あんまり力を入れちゃうとダメなので、 本番は力を抜いて、 リラックスをしてやりたいなと思います」と意気込みを語り、 初日のステージに臨んだ。

ライブはニューアルバムのオープニングナンバー「魂の1/2」でスタート。 ロックミュージシャンらしい黒い衣装で「TATTOOあり」と言った代表曲やツアータイトルにもなっている「ROCK’N ROLL HEART」など9曲をエモーショナルな歌声と演奏で届けてくれた。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE