ポール・マッカートニー、リンゴ・スターとロニー・ウッドと楽曲披露「最高だった」

ロンドンのO2アリーナでリンゴ・スターとポール・マッカートニーは「ゲット・バック」を披露した(Photo by Shutterstock)

ポール・マッカートニーは、ロンドンのO2アリーナでビートルズのサプライズの再会を演出。「僕にとっては最高だった」

英現地時間12月16日の日曜日、ポール・マッカートニーは元ビートルズのメンバー、リンゴ・スターとともにUKバンドのヒット曲「ゲット・バック」をステージで演奏した。2人の演奏にローリング・ストーンズのギタリスト、ロニー・ウッドも加わったサプライズ演出によってロンドンのO2アリーナは大いに賑わった。

現在、最新アルバム『エジプト・ステーション』を携えてツアー中のマッカートニーが観客に「今日はみんなのためにちょっとしたサプライズがあるんだ。でも実際には、僕たちにとってもサプライズなんだけどね。なんせ、今日決まったばかりだから」と言うと、ステージ正面近くに設置されたドラムセットの後ろにスターが座り、ウッドがエレキギターを手に取り、マッカートニーとバンドメンバーと一緒にストーンズの楽曲のフレーズを即興でプレイしてみせた。ミュージシャンたちは3分間の「ゲット・バック」を追加のコーラスでさらに引き延ばし、最後にはハグをしながら再会を祝った。

ステージを去る前にスターは「みんなはどうだっかわからないけど、僕にとっては最高だった。みんなラブ&ピース、そしてメリー・クリスマス」と言った。マッカートニーとスターがステージを出ようとするなか「この瞬間をゆっくり味わわせてもらうよ」とマッカートニーも言った。

満員のライブ会場には、ザ・フーのロジャー・ダルトリーなどの著名人の姿もあった。ファッションデザイナーであるマッカートニーの娘ステラ・マッカートニーは、父と一緒に写ったスター、ウッド、俳優のエマ・トンプソンの写真をInstagramに投稿し、全員のステージ上でのコラボレーションについて冗談っぽく「エマ・トンプソン、ビートルズのカップル、ストーン1つ、そして私……パパ、今日は最高にイケてたね」とコメントした。

O2アリーナのライブでマッカートニーはソロやウィングスの楽曲を含むボリューム満載のセットリストをこなし、「ワンダフル・クリスマス」まで披露した。マッカートニーのアメリカツアーはルイジアナ州ニューオーリンズのスムージー・キング・アリーナで来年5月を皮切りにスタート。現時点では12公演を予定している。



Translated by Shoko Natori

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事