メタリカの猛る新曲『モス・イントゥ・フレーム』、MVのメイキング映像が公開

ニュー・アルバム『ハードワイアード…トゥ・セルフ・ディストラクト』より先行公開された『モス・イントゥ・フレーム』のMVメイキング映像が公開された。

「モダンとトラディショナルの両要素を取り入れた」と話すディレクターのトム・カークは、フォークリフトで遊ぶジェイムズ・ヘットフィールドの姿などを捉えた。

本映像では重労働を伴った撮影プロセスや、古き良きロックンロールの魅力とモダンな要素の共存といったテーマが、ディレクターを務めたトム・カークの視点で描かれている。また映像には、メタリカへの思いについて語るカーク自身の姿も収録されている。「ギター、ベース、ドラム、そして猛るヴォーカルのコンビネーションが持つパワーを、僕はメタリカから学んだ。彼らと仕事をする機会を、僕は長い間待ち望んでいたんだ」。

また本映像には、フォークリフトで遊ぶジェイムズ・ヘットフィールドの姿など、微笑ましいシーンも登場する。

メタリカの『モス・イントゥ・フレーム』は、9月に人気ラジオ番組『ハワード・スターン・ショー』で初公開された。ミュージックビデオとそのメイキング映像のほか、バンドは同曲のレコーディング過程を描いたミニドキュメンタリーも公開している。

メタリカは新作からのファースト・シングル『ハードワイアード』を8月に公開した。2008年作『デス・マグネティック』以来、8年ぶりとなる新作『ハードワイアード…トゥ・セルフ・ディストラクト』は11月18日に発売される。

Translation by Masaaki Yoshida

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事