ペインティング・ウィズ

ブルックリン・シーンの顔役、アニマル・コレクティヴによる3年半ぶりの新作。メンバーは自由参加というのがバンドのルールで、本作はギタリストのディーケンを除く3人が参加。毎回、実験的でサイケデリックなサウンドを聴かせてくれるなか、今回は「バンドを始めた頃のようにプリミティヴな音にしたい」という狙いがあったらしく、いつもより音数を絞り、エフェクティヴなギターサウンドの替わりにパワフルなビートが炸裂。さらに極彩色の電子音や変幻自在のハーモニーが加わって、ポップで躍動感溢れるアニコレ宇宙が広がっていく。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

MOST VIEWED人気の記事