XXXテンタシオン殺害の衝撃、17歳でデビューした次世代ラッパーの歩み

Elias Leight | 2018/06/19 12:55

| 米現地時間6月18日マイアミのバイクショップで殺害されたラッパーのXXXテンタシオン(Photo by Dan Garcia) |

米現地時間6月18日、物議を醸していたラッパーのXXXテンタシオンがマイアミのバイクショップで射殺された。

米現地時間6月18日に物議を醸していたヒップホップのヒットメーカーXXXテンタシオンが銃殺されたと、米フロリダ州ブロワード郡保安官事務所が正式に発表した。享年20歳。

このラッパーの死を最初に報じたのはTMZだった。その報道によると、XXXテンタシオン(本名ジャセー・オンフロイ)はバイクショップから車で去ろうとしていたとき、犯人が銃の引き金を引いたと言う。インターネット上で拡散されている映像では、銃撃のあと、オンフロイは身動きせずに車内で横たわっている。TMZによると、襲撃の直後に容疑者と思しき二人組が車で走り去ったと警察に通報があったとされる。

ブロワード郡保安官事務所の公式声明によると、「デアフィールド・ビーチのノース・デキシー・ハイウェイ3671で発生した銃撃事件を捜査した。当該地での発砲の通報が午後3時57分に地域通信課によせられ、成人男性の被害者が近隣の病院へと搬送された」ということだ。その後、同保安官事務所は午後5時30分頃に「病院へ搬送された被害者の死亡が確認された」とツイートしている。

「ブロワード郡保安官事務所の殺人担当刑事によると、20歳の被害者は午後4時少し前にデアフィールド・ビーチにあるRIVEモータースポーツを立ち去ろうとしていたときに銃を持った二人組の犯人が近寄ってきた」と、ブロワード郡保安官事務所が追加の声明を発表した。「少なくとも、そのうちの一人がオンフロイに対して発砲した。その後、その二人組は暗い色のSUVで現場から逃走した。刑事によると、物取りの犯行の可能性が高い」。

オンフロイの代理人はこの一件に対するコメントを求められてもすぐには応じなかった。

XXXテンタシオンがシーンに登場したのが2015年で、当時17歳の彼が「Look At Me!」をSoundCloudにアップしたのがきっかけだった。この曲はXXXテンタシオンの名刺代わりとなった2分間の攻撃的で不快なトラックだ。それまでのヒップホップの曲とは全く違うこの曲のビートはノイズでできており、XXXのヴォーカルはラップというよりも叫びと言えるものだったが、この曲がきっかけとなり、翌年、彼は成功への階段を駆け上がることになる。そして、XXXテンタシオンは新ジャンルである“SoundCloud Rap”の顔となり、若いアーティストたちを通してフロリダ南部で人気が拡散していった。この若いアーティストたちは、剥き出しの感情とあらゆるテーマを扱う率直なソングライティングを尊重する一群で、「Look AT Me!」がこのシーン初のヒット曲で、オンフロイが初のスターだったのである。



Translated by Miki Nakayama

RECOMMENDED

おすすめの記事