米人気番組でアベンジャーズ・キャストがヒット作を語る

DANIEL KREPS | 2018/05/09 11:45

| スカーレット・ヨハンソン、デイヴ・バウティスタ、マーク・ラファロ、ダナイ・グリア、トム・ヒドルストンらが番組でヒット映画を語った |

米人気番組「ジミー・キンメル・ライブ!」で1週間にわたり『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』特集をオンエアいした。スカーレット・ヨハンソン、デイヴ・バウティスタ、マーク・ラファロ、ダナイ・グリア、トム・ヒドルストンの5人が出演し、クイズに挑戦した。

アメリカのトーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」では、1週間にわたって『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を大特集。火曜日はスカーレット・ヨハンソン、デイヴ・バウティスタ、マーク・ラファロ、ダナイ・グリア、トム・ヒドルストンら5人のキャストが番組に出演し、「アベンジャーズ・クイズ」に挑戦し、最新ヒットムービーについて語った。

5人が挑戦したのは「このアベンジャーは誰?」クイズ。たとえば、Q:飛行機の機内トイレで、見知らぬ人にアソコを見られてしまったアベンジャーは誰?(A:ヨハンソン) Q:スプーン使いの達人で、音楽まで奏でてしまうアベンジャーは誰?(A:ヒドルストン)など。ちなみにヒドルストンは、実際にカメラの前でスプーン演奏を披露した。

同点タイで迎えた最後の質問で、6つ全てのインフィニティ・ストーンを正しく答えられたのはヒドルストンただ1人。優勝したヒドルストンには、賞品として常用芝刈り機が贈られた。



その後5人はトークゾーンに場所を移して、司会のジミー・キンメルと『プラックパンサー』の成功の秘密や、今回から登場した新キャラクター、ジョッシュ・ブローリン演じるサノスについて語った。



マーク・ラファロは以前、公開前のマーベル映画の筋書きをうっかりバラしてしまったことがあり、夏に公開予定の新作『アベンジャーズ4』では、絶対に口を割らないと宣言。



前日・月曜日の放送ではロバート・ダウニー・Jrをはじめとする別のキャストが出演し、自ら演じるキャラクターのイラストを描いた。完成したイラストは番組終了後チャリティオークションにかけられた。火曜日のキャストにも同様に、CMタイムを利用して、自分が演じる役のスケッチを描いてもらった。

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDED

おすすめの記事