Rolling Stone

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

クリス・マーティン、マイケル・J・フォックスと夢の共演:『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の楽曲を披露

Ryan Reed | 2016/07/24 17:00

| 俳優のマイケル・J・フォックス、クリス・マーティンの息子のリクエストに応えて、ペンギンズの『アース・エンジェル』とチャック・ベリーの『ジョニー・B.グッド』を演奏 (Photo by Kevin Mazur/Getty Images for Atlantic Records) |

マイケル・J・フォックスが、ニュージャージーで行われたコールドプレイのライヴに登場、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の2曲を演奏した。

7月17日、クリス・マーティンはニュージャージーで彼自身の"夢が叶う"瞬間を見た。俳優のマイケル・J・フォックスがコールドプレイのステージに上がり、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のダンス・パーティー会場"アンダー・ザ・シー"でフォックス演じるマーティー・マクフライが演奏した2曲、ペンギンズの『アース・エンジェル』とチャック・ベリーの『ジョニー・B.グッド』をカヴァーした。

ビデオ・プロジェクターにマーティンの息子、モーゼスが父親に"2人の大好きな映画"である『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の曲を何かやってよというおねだりが映し出される。コールドプレイはこれに応え、シルキーなドゥ・ワップの名作『アース・エンジェル』を緩やかに奏で始め、マーティンがアコースティック・ギターを鳴らしながら、歌を載せてゆく。曲の中盤になってフォックスがステージに上がりギター・ソロを奏でた。ソロはぎこちなく短いものだったが、ロックの伝説的名曲『ジョニー・B.グッド』でチャック・ベリーのブルージーな音色に切り替えてからのフォックスは気持ち良さそうだった。
Translation by Kise Imai

RECOMMENDED

おすすめの記事