ドミコが愛でる「農作物のような楽曲たち」とフリーダム

左から、長谷川啓太(Dr)、さかしたひかる(Vo, Gt)

自分たちのオリジナリティをストイックに追求し続けるドミコが、タワーレコードおよびFLAKE RECORDSにて新作ミニアルバム『VOO DOO?』を限定リリースした。

独特の緩急のある曲調と唯一無二のサウンドは健在だが、これまでのメジャー作品には無かった新しい一面も垣間見える作品となっている。今作のリリースに際して、作詞作曲を担当するさかしたひかる(Vo, Gt)にインタビューを決行した。

―今作は元々あったドミコの良い意味での気だるさとキメの緩急は残しつつ、新しい一面も出そうとしているのかなと感じました。タイトル『VOO DOO?』の由来はなんでしょう?

さかした:パッと思いついたので由来もあまりないですね。全部曲が出来上がった後にタイトルを決めたんですけど、大体アルバムのイメージを想像して……。なんだろう、魔術的なというか、ちょっとスルメっぽいアルバムになって欲しかったので、そういう癖になりそうなっていうスラングも込めてつけました。

―今作のコンセプトはありますか?

さかした:ないですね。毎回アルバムを作る時に、設計図を構想しても途中で気が変わっちゃうので、あまり考えないように勢いで作っていて。その中でちょっと方向性が見えたらそれに沿う感じです。その場の思いつきが多いですね。実際のレコーディングに入ってからもこの曲はやっぱ違うなとか、もうちょっとこういう曲あったほうがいいなって思うこともあって。そういう思いつきのためにレコーディング期間を分けてあったりします。行き当たりばったりでやりたいんで。

―今作も、最初のデモや収録曲順と変わっているんですか?

さかした:そうですね。録っても使わないものもあったし。最終的には、自分で構想しているよりも上のものがいっぱい閃いて来ちゃうんで。じゃあそっちの方がいいだろって感じでどんどん変えました。長谷川(Dr)と合わせてみて違うこともあるし、曲の音作りもフレーズもアレンジもメロディも曲の展開も、曲自体のチョイスも、最後までどうなるか分からない感じでした。

・ギター&ヴォーカルとドラムが炸裂するツーピースバンド、ドミコのMV

―収録曲でいうと、1曲目にインストの「おばけ」があります。インスト曲ってドミコでも最近なかったですよね。



さかした:昔の自主制作アルバムでは全14曲中インストが3曲あって、1曲目がインストだったりもしたんですけど、その時以来ですね。デビューしてからの3作は結構がっちり歌が入ってギターソロすらもないくらいで、余裕も無かったなと思っていて。そんな詰め詰めなアルバムだったんで、今回は曲数は少ないけどより余裕も持たせていて。これは意図したってよりも、だんだん趣向がそういった感じに戻ってきたというか、そういう時期だったというか。シンプルにそんな感じですね。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE