アメフト史に残る「100年前の伝説の試合」は本当にあったのか?

1920年のラシーン・カージナルズ(Courtesy of Pro Football Hall of Fame)



ステイリーズの躍進とその後

「タイガースが冬に去ると、カブス・パークを使うに当たり競争相手は誰もいませんでした」と語ったのはイリノイ州メーコン群の公認史学者にしてディケーター・ステイリーズ史の専門家でもあるマーク・ソレンセン氏。「私がビル・ヴェック・シニアで、野球のシーズンオフ中である秋の貸出先を探していたら――ハラスとステイリーズにとっては絶好のタイミングだと言えますね」

もしかしたらハラスはタイガースがカージナルスに負けるほど悪い状況にあったことを知っていたのかもしれない(1920年を2勝5敗1引き分けという記録で、ほぼ最下位で終えた)。彼が率いるステイリーズはタイガースをそのシーズン2回破り、どちらも完封試合だった。もしかしたらカージナルスがあの決闘で負けていたら、弱い方どちらかを追い出せばいいということを知っていたのかもしれない。もしかしたらシカゴには1つのチームで十分だということを知っていたのかもしれない。

もしかしたら。

「1921年から、新しく会長に就任した――今ならコミッショナーと呼ばれる――ジョー・カーは彼が置く必要があると感じた場所にチームを移し始めました」とホリガン氏は言う。「彼はリーグとして生き残るためには、チームを主要都市に置かなければいけないと知っていました。その前はマイナーリーグベースボールにいまししたから、すでに球場のある街や都市にチームを置くという法則に従っていたのです」

そうして、全てをかけた試合が感謝祭の日に行われなかった後、シカゴ・タイガースは1920年のシーズンの最後の3試合中2試合で敗北した。チームは畳まれ、アメリカン・プロフェッショナル・フットボール・アソシエーションが、今我々が慣れ親しんでいる名前――ナショナル・フットボール・リーグ――に変わる前の年に消えた。

ラシーンは残り、名前もシカゴ・カージナルスに変え、1960年までシカゴに残った。ハラスはあの初のシーズンの後ディケーター・ステイリーズを北に移し、成功に導いた。1921年にその名をシカゴ・ステイリーズに変え、AFPAチャンピオンシップで優勝した。

その次のシーズン、彼らは名前をシカゴ・ベアーズに変えた。

Translated by Mika Uchibori

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE